2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Twitter

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月30日 (日)

まつことWe are KinKi Kids ツアー 10月29日広島グリーンアリーナ

久しぶりの遠征です。
しかも大好きな広島じゃけぇ。
こらいかずばなるまい。牡蠣も食いたいし(ボソッ)
ってことで行ってまいりました広島グリーンアリーナ。
直前まで仕事が忙しくて旅の準備も出来てなかったもんですから、ホテルや新幹線の手配をしたのは結構後のこと。

気が付けば当日広島市内のホテルほぼ満室状態∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

えっ。
これはキンキのせいですか?(爆)
どこもかしこも満室で・・・かろうじて空いていたプリンスホテルに泊まったんですが、ここ素晴らしいホテルでお部屋も素敵、ベッドはおっきいし海も見えるしアメニティは揃ってるしなにより温泉がある。

でも広島市内からふぁーらうぇい♪

遠いのが難点でございました・・・。しかし選択肢はなかったのでここに。
実際コンサートは29日と30日でしたが月曜日の激務が既に予想されていたので29日見たら早めに帰ろうと思いまして、今回は1回だけ。

で、肝心のライブですけど。
以前ここで書きました通りびっくりするくらいの神席がきましてぇ。
まつこのFC名義で当たるチケットってハイオアローというか、デッドオアアライブというか、当たるとでかいが外れてもでかいという。
今回アリーナど真ん中ほぼ真ん前に近い席が取れてしまいました。

え。なにこれ。まつこ、死ぬの?(´・ω・`)ショボーン

もうなんか今年の運使い果たした気がした・・・

今回広島一緒に行ったのは光ちゃんファンがきっかけで知り合った友人K。
以前まつこがやっていたサイトでお友達になりましてね、なんだかんだ言うて20年近く付き合っているから気心知れているというか、一緒に居て大変気が楽なお人なんです。
そんなKと席に着くなりヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

この席恐ろしや!shadow
何が恐ろしいって自分が何するかわからんくて恐ろしい(爆)

多分東京ドームの最前ですらこんなに近くないはず。
どうしようどうしようどうしたら。

とにかく光ちゃん捕獲の準備を←

しかしコン始まったらその席から見える光ちゃんに

美しいぃいいいいいいいいいいいいいい!diamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamondホントに2人叫んだ

眩しくて直視できなかったのは照明のせいではあるまい。
腕の美しい筋肉が作り出す印影まではっきり見えてまつこもうヨダレ垂れ流しで口(゜д゜)ポカーン。

なんですかこの生き物は!生の迫力こえぇえ。

しかもキンキ二人揃った時の生の迫力たるや。
この人らやっぱなんか他と違う生まれながらのスターだよ
しかも今回のアリーナツアーで思ったんですが、ドームと違ってステージも衣装もシンプルになっているからより2人と歌とバックが引き立つというか、見ごたえがあるステージになっていたというか。
曲の構成的にももはやアイドルにあらず。
曲を聞きにいっても惜しくはない。
この人ら、アリーナクラスが一番いいステージ作るんではなかろうか。
もちろんドームもね、いいと思うんですよ。でもなんというかほれ、本人たちがちっこいから(爆)
いや、そいう意味でドームよりアリーナっていったわけじゃなくてね(当たり前です)、ドームっておっきいからどうしても衣装もステージも派手にしないといけなくなりますもんね。
音もいい感じでよかったです。ドームなんて音質なんてあったもんじゃmisjojokockoomu
しかもね、まつこが大好きなカナシミブルーやってくれたっつうことがまた。

どんちゃんありがとう!penguin←そこじゃない

まつこはどんちゃんが作る曲が大好きです。ホント名作は彼から生まれるとまつこ思ってる。
そんな彼がライブ中いじられまくっていたのがなにより楽しく(爆)
いじってる光ちゃんも楽しそだったのが更に楽しく。
なんともほっこりするライブでございました。

そしてMC中衝撃だったのが光一さんがPPAPを知っていたことΣ(゚□゚(゚□゚*)
コン前Kと話してたんですよ、光ちゃん絶対知らないよねって。だからかなりの衝撃的事実。
というか「知ってるで?」ってドヤ顔してたのがなんともscissors

でもそんな素敵なライブに水を差すようで恐縮なのですが唯一ソロコーナーはいらんのとちゃうかって思ったり(爆)
お二人がどのような考えでこの20周年のライブにこういうソロコーナーを持ってきたのかってのはわかりますがどうにも違和感が否めないというかね。
特に剛くんのソロで思ったりしたんですが、大変申し訳ないけど正直申せばこれまだ続くの?って時計を何度か見たのは事実sweat02すまんのぅ。でもまつこはちょっと飽きた

夢のように素晴らしいライブを堪能したあと、我々はタクシーの運ちゃんにおいしいお好み焼き屋さんに連れてってもらいましたよ。光ちゃんいわく「お好み焼きちゃう。広島焼きや」←広島県民ブーイング
でも広島のお好み焼きはホント美味しいdiamond
ちょうど日本シリーズをやっていたせいかいつもは長蛇の列の某有名お好み焼き屋さんもほどほどの待ち時間で入ることができましたよ。
そして広島が10点の失点を受けた瞬間店内からため息が漏れたのが思い出深いbell
多分今後広島が優勝をする度にこのツアーのことを思い出すんだろうなぁと思いました。

楽しいツアーだったなぁ。また広島あったら行きたいなheart


そんな楽しいツアーに同行したKはまだまつこがブログを再開したことを知らない(爆)
だってここ、元々は萬斎さんファンブログのつもりだったもんで。テヘペロ☆
いすれはバレるだろうけどその日までなんとなくいいにくい(爆)

2016年10月23日 (日)

まつこと電光掲示板森羅万象狂言会(再)10月23日放送

まずはご報告から。
私ね、当たってたんですよ、これ。

野村萬斎×杉本博司
“ディヴァイン・ダンス 三番叟 ~神秘域(かみひそみいき)~”公演。

抽選のご招待だったから競争率高いかな~と思いつつ申し込んでみたら当たりましたの。

でも行けなかったのねwobblyウワァアアアアアン

当日15時までは行く気マンマンだったんですよ。
しかし18時頃、本社が動き出す時間帯になると危険なものが飛んでくるのが外資系会社の切ないところ。
18時に指示メールが来て本日中に送り返せと言われて即諦めがつきました。スンスン←あきらめついてない

行きたかったなぁ、三番叟。

やっと終わってメール返したら19時半だったし。公演20時までって聞いてたし。
こんなんだったら誰かにお譲りして差し上げたかった。もったいないことした。

と週末かる~くそのショックを引きずってダークになっておりましたが電光掲示板が再放送されるぅ!ってことで再浮上とってもお安いまつこです
実は動画サイトなんかで見たこと.はあったんですが全部ではなかったしないより画質が悪かったものであまりちゃんとは見ておりませんでした。
放送が2004年てことは大体12年前、萬斎さん38くらいの頃ですね。
萬斎さん、いつ見てもお若いし変わってないと思ってたけどこうしてみるとやっぱり若い。
しかもなんかエロイshineなんかがダダ漏れしてる
不思議だなぁ、ふつーの人に見えるのになぁ。なんでエロくみえるんだろうか。
それはまつこが変態だからなのか?そう思った時期もありましたけど結構ツイやネット上でもこういう発言されてる人見かけるところを見るとやっぱエロいんやなこの人とまつこ自分の感覚に自信を持ってみたり。

というかこの頃の萬斎さんの持っているオーラと空気ってものすごいものがあったと思うんです。今それがすこぉし薄まりましたようにお見受けしますが、蜷川さんがくどいほどに
「この人には狂気の血が」とおっしゃられていた意味を今改めてひしひしと感じます。
この時映像ものにたくさん出てほしかったなぁ、と思うのは贅沢な発言だと重々承知のうえでそれでも申し上げたい。

やっぱ映画もっと出てほしかったmovieこの頃特に。

そしてこの会の内容としましては通常の狂言をよりわかりやすく、電光掲示板を駆使して難解な言葉を通訳してくれるから初心者でも楽しくみられますよ!的なやつですね。
その言葉通り萬斎さんのレクチャーが非常にわかりやすい上に親切丁寧、これで「能狂言はむつかしそう」と食わず嫌いの人も一発好きになるね!ってなもんです。
しかも外国人でも簡単に受け入れられる狂言の入門中の入門編、棒縛りと茸をやってくれてるわけですからこら楽しくないわけがない。
実際公演を見られた人がうらやますいー。かなり楽しかっただろうなって思うんですが。

またやっていただけないものか。
それともそういう時期は過ぎたというご判断か?

いや、まだ狂言初心者がここにおりますしねshadow

まつこ、舞台の萬斎さんは好きでよく見ていますが実は狂言そのものは数回しか見たことなくて。
狂言っていうのは彼のアイデンティティーで、彼のファンになるならここは必須だとわかっちゃいるけどなんとなく回数がそれほど多くないわけで。

でも今後はちゃんと見ようかなって思ったりしてます。
日本人だもの、だもの

ひとまずそのとっかかりとして年末の三番叟です。
初の生三番叟が見られなかったので次こそはっ。

まつことブンブブーン(10月23日 夏木マリさんゲストの回)

今日はいい天気でございましたね。
天気がよいものだからお布団干してそのお布団にダイブしたまま昼寝してしまってブンブブーンナマで見られなかったまつこです。

本日のゲストは夏木マリさんてことで。
この方やはり舞台人の方だなぁと思うのは、おっしゃることが光ちゃんと似ていることが多々あって驚くことがあります。もしかして似てるのかも、このお二人と思わんこともない。
例えばワークショップの重要性をこの方は以前唱えておられましたんですが、TVとか映画で活躍するだけなら必要ないけど舞台に上がるなら「非日常性」を鍛えるためにある程度の専門トレーニングを受けるべきだと。
光一さんもエンタの条件で同じようなことを語っていたのでやっぱ舞台人の人が必要だって思うことには一貫性があるんだなぁと思った次第。

そんな夏木さんはキンキとヨガがやりたいんだと。
これまたこの二人には似合わなそうな企画ではございますが、ヨガって本当に体にいいんだなってのは近頃実感しているまつことしては是非光一さんにもちょこっとでもやっていただきたいなと思うわけですよ。
筋トレバカ、いや筋トレばかりやるのもいいけどヨガは体の体幹から歪みからを矯正してくれるしなにより心身ともによろしい。
まつこがやっているのはホットヨガですが、これ始めてから夜の眠りが深くなりましてね、今日みたいに昼寝しちゃったりしても夜は夜で心地よく眠れます。
友人はホットヨガで冷えが改善されたと言うてましたし、とにかく体の不調ほぼ全てによいのがこのヨガだと思うわけですよ。だから光ちゃんにも是非やって欲しいもんです。けどやらなさそうだってのもわかって言ってるまつこ。
そんなまつこも今気になってるハンモックヨガ、光一さんは「舞台で使ってる布と同じやつや」と別のことが気になったようで。
そして布を見れば飛ばずにはおれないShock病の光一さんは←人のこと言えないが
やっぱり飛びました

飛んだわァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

しかもその身軽なことったら。
傍目には布に吸い寄せられて布に支えられているように飛びましたよ。すげぇなこの人。
光一さんの腕の力がすごいのか。光一さんの体重が軽すぎるのか。
余談ですが以前SHOCkのトイレ待ちで並んでいた時前にいたカ〇ンファンらしき子たちが「あの布のやつ、やってみたい。できそう」ってほざいてらしたのでその胸ぐらつかみあげるの我慢するので必死でした。

じゃあお前やってみろannoyていうかその前にチミのその体を支えるのにあの頑丈な布がもつかどうか(フッ)

でも間近で見ると両腕ぷるっぷるですからどれだけこの人の両腕に全ての力が入っているのかわかります。相当な筋力使うはず。剛くんが「屁ぇ出たときないの?dashと聞きたい気持ちもわかるそしてありそうな気もする。

その布を使ってヴァンパイヤやらバタフライやらのポーズに挑戦する3方なんですが我らが光一さんがおくるみにくるまれてなにやら愛らしく。

あの、これお持ち帰り用ですか?typhoon自分からいそいそくるまれてますしね、持ち帰られる気マンマン←誤解

しかしこれ、普段使わない股関節を普段ありえない角度で開くから相当気持ちよさそうです。益々やってみたい。ヨガってすごく気持ちいいポーズがあって多分普段使わない筋肉とか駆使してるからなんだろうけどその気持ちよさを知ってるだけに益々興味がわきます。

そしてこの反重力ヨガに飽きたらずアクロヨガにまで手を伸ばす御一行。
経験者と体験ということで光一さんはかなりガタイのいい兄さんと組んで飛行機のポーズをするわけなんですが軽々と持ち上げられた光一さんがまるでお人形のようにpenguin人形は顔が命です
てかこんなおもちゃあったなといましばし(爆)
土台がしっかりしてたから「なんの心配もなかったわ私heart」となぜか光子ちゃんになる光一さん。
「ちょっと惚れそうだったわheartってかわゆらしく言ってますけどジムにはそっちの人多いらしいからbomb←とインストラクターの男の子が言うてました
気を付けて頂戴よ光一さん。自分からネギしょってだしの入った鍋手にてくてく歩いていくんじゃありませんよ。
ほら、お兄さんもなんとなく嬉しそうじゃないの(爆)

で、それを今度はキンキ二人でやることになったわけなのですが、いつもの面倒くさいやつわちゃわちゃしたやつをやってプロットに「イチャつく」と出されるお二人(爆)終わっとるがな
スタッフも同じこと思ってるんですねぇ。おいまた始まったよ、的な。けど頬緩んじゃう的な。
何度もいいますけどぉ。何度も言わせんなよって感じですけどぉ。

おっさん2人がキャッキャフフフアハハshineするのはどうなのかpunch夏木さん放置すな
しかしそんな二人を見て和む視聴者もどうかしているとは思う。まつこを筆頭に(爆)
少し前まではこれをドームでしかやらなかったのにいつの間にか公共の放送内でやるようになってしまってねぇ。なんてこったい。しかも結構それが受け入れられているのが驚きというか笑えるというか。

「お二人が面白いなぁと思ってheartとおっしゃる夏木さん、大人の発言ありがとうございます。ほんと申し訳ない気分になる。いやまつこがそんな気分になる必要もないんだがなんとなく

いつもは汗をあまりかかない光一さんの愛らしいデコにうっすら汗が滲んでいるところを見ると相当な集中力と点の力を使うんだろうなと拝察致します。
でもやってみたいとは思わないが(爆)ヨガって心と体を整えるもんだとまつこ思っているからこんなハードなのやっちゃった日にはぐったりしそうで。
でもやっぱ光ちゃんには向いてるんじゃあるまいか?と思った。大きな動的動作はないけど集中力高めるのにはいいし。

けどこの人やらんよねきっとgawk(二度目)
なんかそうゆうわかりやすいとこがこの人にはある。


2016年10月19日 (水)

まつことスキャナーDVD発売

本日スキャナーDVD発売です。
本日偶然日曜出勤した代休でお家にいたのでゆっくりゆったりDVD鑑賞を楽しませて頂きましたが。

ここで感想をまた書くにあたり映画を見たときの自分のブログ見直してみたんですよ。

・・・・これ誰書いたのcat猫かぶりまくり。10匹は背負ってる 

当時はまだブログ始めたばかりでね、感想もかなり控えめに書いてます。
もちろん書いた感想に嘘偽りはないですよ?今またDVDで見た感想もほぼ同じです。

ただ肝心なこと書いてないだけでねspaテヘペロ

萬斎さん初の現代人役、映画公開当初に書いた通り思ってたより自然で違和感なくて、だからむしろ映画のお話の中に集中できたという感じなんですけど

これを萬斎さんでやる意味が未だに見出せないsoccer

ってのが当時書きたくても書けなかった、しかも肝心要な一言なわけです。

普通の俳優さんならそれでよし、問題なんかどこにもないです。
けど萬斎さんって独特の存在感というか、嫌な書き方するとクセとアクの強い存在感というか(爆)だからこそ陰陽師やのぼうの城ではこの人にしかできないといわれるような役が出来上がったものだとまつこ思ってるんですが、この映画に関してはその存在感というか萬斎さんのカラーを押し殺しているようにしか思えんというか。ほんと何のために萬斎さん使ったのか今もわからん
しかもね、萬斎さんの数少ない映画出演ですよ。数年に一回のオリンピック出演の貴重な映画がこれって萬斎さんの無駄遣いにもほどがある、って思ってしまう。

しかもね、これ映画でなくてドラマレベルだなってのは本気で思います。
原作者の方が「ドラマレベルといわれることがあるがドラマと映画の違いがあまりない映画があってもいいんじゃないか」みたいな発言をされていたことがありまして、私それには大いに反論させて頂きたい。
何度もいいますが映画とドラマ、全くもって似て非なるものであります。
こういう世の中になったから映画も手軽にTV画面で観ることができるようになってその境目は曖昧になってきしてしまっていますけど、でもそんな世の中でもみんな安くないお金を払って映画館に足を向ける理由はなんなのか?ってことですよ。
そこにドラマとは違うスペシャリティがあるからみんな行くわけですよ。
映画に関わる人がそんな発言をされていると今後益々映画がTV化してしまうんだろうかっていう危惧が湧き上がってしまいます。
そんなことになったら日本の映画のレベル下がるのは確かなのでそこは勘弁して頂きたい、と映画を愛するまつこは切実に思います。

だからといって萬斎さんがこれきり現代人の役をやめてしまうのももったいないと思ってます。
ぜひともサイコな役とかやって欲しいなー。踊る大捜査線でキョンキョンがやってたようなレスター博士的なやつとか見てみたい。あれは恐かった
もしくは漫画にしか出てこないさそうなキザの極みの男とかdiamond
どうでしょう萬斎さん。ご検討のほど、どうぞよろしくお願い致します。
萬斎さんがエゴサしてるっていうのは有名な話なのでこのブログもいつか目にされることがあるんではなかろうかとびくつきながらブログ書いてたりしてますが(爆)
でもご本人に見られてもよいと思うことしか書きませんよまつこ。それが私の数少ないブログのポリシーbell

そして映画公開当初にも書きましたが、この映画の監督・金子監督の作品はどーにも私と相性が悪いというか、なんかいつものどの奥になんかひっかかったものを感じてしまう。
中途半端感というか、ナニがいいたいのかわからないというか。
それがなんなのかはっきり言葉に出して言えないんですけど、今回このDVDメイキング見て思いました。
やはり監督が現場で楽しそうに撮影している映画って、結果映画自体も楽しいものになるんじゃないかなーって。
のぼうのメイキングでは樋口・犬童両監督がそれはそれは楽しそうに映画を撮ってましたけれども。子供のように目を輝かせてね、「映画ってたぁのしぃ~♪」って声が聞こえてきそうなくらい。結果いいたいことは諸所あれど全体的にエンターテイメントに仕上がっていて楽しいものになっていたいから「こまいことはいっか♪」って気になるというか。
これは娯楽作品だからって割り切れるというか。その辺どこを見せたいかっていうのがはっきりしてたからある意味潔くて好きなんですけれども。
今回の映画のメイキングではあまりそれが感じられないというか。
まぁこれは私の個人的な見解ですが少なくともそういう映画はまつこと相性が悪いことはわかりました。

そしてメイキングのほかにも映像特典として公開舞台挨拶の模様が映ってましたけど、そこで監督より

「この映画が面白くなかったらそれは全て私(監督)の責任です」rock

というお言葉がございました。

そこに異論は全くないtyphoon
この面子、この脚本でどうしてああいう出来になるのか。
高級素材をふんだんに使ってるのに美味しくないものができあがる、みたいな不思議さを感じてしまうまつこでありました。

だから責任とってもらおうじゃないかとか思ったりもしたけどでもまつこ基本ビビリだから最後にちっこく書くね・・・・

2016年10月16日 (日)

まつことブンブブーン(10月16日 小泉孝太郎さんゲストの回)

ほ、本日三回目の更新・・・追いついた!ゼェハァ。
のっけからイミフラップを歌い出す光一さんですがどーも彼なりに論理的なつながりがあるらしい。
いわく

本日の舞台羽田空港→Departures(出発)の文字→DepartureといえばGlove→Gloveといえばマークパンサー→マークパンサーといえばラップということで・・・

あの、光一さん。

わかりにくいのでできればも少しシンプルにして頂けると。spa
へんなとこで理屈はあってるんだが

ということで本日は小泉孝太郎さんをゲストに迎え、羽田空港が舞台でございます。
この方お育ちのよさがにじみ出ている方ですよね。食べ物に困ったことなさそーっていうか(爆)ガツガツしてないっていうか。
弟さんもだけどやっぱり小泉家ってイケメン多いんだなぁってしみじみ感じます。
そんな孝太郎さん、「旅に行かないのに羽田空港を満喫したい」とのことで羽田空港にやってきたわけですが。

空港って楽しいよね!って飛行機好きのまつこは心底思うんですがあまり周囲から賛同は得られてません。
飛行機見られるんですよ???たーのしーじゃないですか。
ですがまつこ的にオススメなのは羽田空港より成田空港です。成田空港には羽田よりもっと近くで飛行機の離発着が見られるスポットがあちこちにあるんですよ。
見上げたら飛行機の腹が見える、ランディング直前の飛行機真下を通る道路とか(車走らせてる時頭上を通られるとそのでかさにびっくりする)、飛行機の滑走路に平行して建っている公園とか。とにかく街の至るところに飛行機を感じられるスポットがたくさんあって飛行機マニアにはたまらん場所ですよ。本当の飛行機マニアは成田に行くんじゃないだろうか。

とはいえ成田より羽田のほうがどうしても東京からのアクセスがよくて行きやすい。近頃では海外出張と言うと羽田から行きたがる人のほうが多いですよね。
かく言うまつこも先日の出張は羽田から行きたかったんですが、成田に比べるとどーしても本数が少ないため時間が合わずやむなく成田発にしました。
でも最近ANAが羽田発アメリカ行の本数大幅に増やしましたよね。なんかこーしてみるとどんどん羽田への移動が始まっていてそのうち成田が寂れていくんじゃないだろうかという焦燥感に駆られますね。いい空港なのに・・・。ホントどうでもいいことですけどね・・・

で、そこの吉野家にこの羽田空港店にしかないメニューがあるとのことでやってきた3人ですが、注目すべきは光ちゃんの「それ聞いたことある」のお言葉。

この人いったいどこから情報得ているのかわからんのですが、普通の人が当然のように知っていることを知らない、かと思えばなんでそんなこと知ってる?ってわけのわからないトリビア系情報を知ってたりするのでびっくりしますよほんと。

しかも「吉野家に入るのは初めて」って、まさに王子様的発言をする光一さん。
食べたい、って言えば誰かが買いに走ってくれるんだねきっと(爆)
吉野家ってある意味女子には敷居が高いというか、「男子の店」、しかも肉食系のって感じがするんですよね。だからかな、光ちゃんにはなんか似合わない、確かに。
でもまつこは1人でも入りますけどねupshineまつこ肉食系オヤジだからね
吉野家の牛丼、たまに滅茶苦茶食べたくなるときがあるんだな。
安いし24時間やってるしで残業中には大変ありがたいお店ではあります。
そんなお店で本気食いする光一さん。あんまりこんな風に食べ物がっついて食べてる姿見たことないのである意味安心しますが
「うんめぇ!upの発言にはちょとおばちゃんびっくりしちゃったな。
でも光ちゃんも孝太郎さん同様、どんなに粗野な言葉を使ってもどんなに乱暴な所作をしてもどーしても拭い去れない品のよさってもんがあるから不思議。
そこが王子といわれる所以なのかってしみじみ思いますわshine


そして羽田空港にカプセルホテルがあるというのは聞いたことがあります。以前会社の人が使ってて絶賛してたような。
でもちょっと邪なまつこは思った。

ここ、ラブホ代わりに使う連中いるんじゃあるまいか(アハーンheart
多分そうゆう輩を先読みして2人以上は入れてくれないとは思うが



そして番組通して微妙にゆるくて微妙にウマイ語呂合わせの光一さんのラップになんとなくハマってしまったまつこscissorsナイスやんけ

まつことブンブブーン(10月9日 西内まりやちゃんゲストの回)

本日2回目の更新。頑張ってますまつこ。

本日ゲストの西内まりあちゃん、絶世の美女ってわけじゃないのになぜか魅力ある子です。
最近ではキューティーハニーの映画が気になって仕方ありません。エロいから(爆)
本日は「まりあちゃんの母校で後輩たちとふれあいたい」とのことで、彼女の母校である女子校に潜入です。
わたくしまつこは女子校なるものには通ったことはございません。
実は高校受験時にいくつか女子校を候補に挙げられてはいたんですが激しく・強固に・断固拒否rockさせていただきました。

男子のいない学校生活なんて!←この理由に担任は苦笑していた
水のない田んぼみたいなもんさね!←?


ということで共学に通うことになりましたが、その後私が拒否した女子校に入った友人たちがその学校の生徒だってだけで男子に大人気になってるのを知って舌打ちしましたけどね。
しかもね、まつこ3年間非常に厳しいテニス部に所属していたので帰り道彼と自転車で~heartとか寄り道しながら~チュウheartとかそんな甘酸っぱい思い出なんか出来なかったですよ。
も、毎日練習練習。泥だらけで帰宅。しかもジャージで帰宅。色気のイの字もない。

これじゃあ女子校でも共学でも同じだったんじゃね?と気づいた高一の春。

で、どうでもいいことですが衣装がナオトさんのときと同じのを見るとなるほど、同日二本撮りだったわけか、と。一応彼らスーパースターなんですからそれくらいは替えてやってください・・・

早速女子高に潜入するなり
「スタッフに『こそこそ気味で』と言われた瞬間にはしゃぎたくなる」
という、君はいくつだい?もういい年なんじゃないのかい?おや、そろそろ四十路見えてきたんじゃないのかい?annoyと問い詰めたくなる大人気ない光一さんですが困ったちゃんだよ

そんなキンキくんたち、サプライズで大勢の女子高校生の前に姿を現すや否や。

キャーーーーーーーheart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04←光ちゃんいわく「黄色い声」

このかなりのフィーバーぶりに正直なんかちょっとほっとしちゃったまつこ。
というのは以前このブログに登場していた知人の娘のJK子ちゃんが「嵐はおじさん」って発言をしてたことがあってまつこ !!(゚ロ゚屮)屮
嵐がおじさんならまつこはもうばあちゃん通り越してしまっているではないか。

まつこショーーーック。
ってなったことがあったんですよね。まぁそんなJK子ちゃんからするとキンキなんかもはやおじーちゃんではないか、って思ってたんですけど。
光ちゃんも「俺らの娘でもおかしくはない」って言ってましたしね。
でも思えば最近コンに行くと若い子をちょいちょい見かける率が高くなってきたようにも思う。若い子らがたくさんファンになってくれるのは単純に嬉しいなーって思うんですよ。
自虐的なこと言うと光ちゃんファンの平均年齢層高いからupwardright
ま、それもこれも一度光ちゃんファンになるとなかなか離れられないというか、だから光ちゃんと一緒に年齢を重ねてしまってなんかこんな年になっちゃいましたみたいな感じになるというか。
だからある意味光ちゃんの年齢層が高いの悪いことじゃないなーってのは思うのですよ。
但し時々「おばちゃん勘弁してくれよannoyって思うときがあるのはここだけの話です(爆)まぁまつこもおばちゃんではありますがここで言うおばちゃんってのは恥も外聞もない人たちのことを指しております
ああはなりたくない、と反面教師にしつつ。

そしてたくさん出てくる個性的な生徒さんたちですが、ワキゲをはやしてるって子、衝撃的だったですわ。
そりゃ光ちゃんが言う通り外国では生やしっぱなしの人結構いますけど彼ら金髪とか色素薄い人たちのワキゲなので我々モンゴロイドのような黒々しっかりとした毛ぇではございませんのでねfoot

そして最後に出た変顔の子。
まつこは学生時代この子みたいな子でございましたと最後にお伝えしておきましょう。

まつことブンブブーン(10月2日ナオト・インティライミさんゲストの回)

よーやっと仕事が落ち着いて参りました。
5日連続タクシー帰りでしたよ。終いには「車で来たら?」と言われる始末。
夜中はいいけど朝大渋滞の東京を車で通いたくはないと拒否させていただきましたまつこですこんばんわ。随分とご無沙汰しておりますが皆様お忘れではないでしょうか。
この数日間人間らしい生活をしておりませんで、テレビも見てなければ睡眠も取れていない状態でね、先日金曜にやっと最後のレポートを出し終えた時には朝の4時でしたね。
もちろん翌日の土曜日は死んだように眠っておりました。
しかし人間って不思議、昼の時間になると寝ていても腹が減って目が覚めるんですね。
昼と夜、きっちりご飯を食べてまた寝ての繰り返して合計20時間は寝たでしょうか。
寝る子は育つdiamond横にね


さて世間ではキンキコンが始まり何かとレポがゾクゾクと上がってきてはおりますがかたくなにネタバレを拒否し続けている今日このごろ。
まつこ、広島まで粘る。
楽しみにしつつ仕事頑張りつつ。

で、三週連続でサボっていたブンブレポです。
またのっけから「ここから出たら放送できないライン」でわちゃわちゃやってる二人。
微笑ましいね~って思うの通り越して近頃では「もういいかな?ribbon満足した?って感が拭いきれない・・・・なんてこたぁ言いませんよわたしはね。
やっぱキャッキャしてる二人、かわいいよheart無条件にね。


そしてボケとボケの2人組(ツッコミなし)の「まぁまぁの尺とったよ?」ってくらいに長いボケにお付き合い頂いたナオト・インティライミさん、本日のゲストでございます。
どうでもいいことですがわたくし、どーーーーー・・・してもこの方の名前をナオミ・インティライミと言ってしまうのはなぜでしょうか。男性の方なのになぜかナオミといってしまう。
今こうしてお名前を何度もタイプしながらも幾度となくナオミと書いてました。なんだろうか?

なかなか人になつかないこの関西二人組をここまでリラックスさせるのはやはりナオトさんのお人柄かと。世界を股にかけて旅してきたナオトさんからするとこの人見知り系生物の扱いなどお茶の子サイサイなんでしょうねぇ。手玉に取る感じ?
そんなナオトさんは「知名度が知りたい」とのことで、まぁ世間様にどれほどの知名度があるのかを知りたいのは芸能人として自然なこと。
確かに正直この方街中で歩いていたら少なくともまつこは気付かないと思う。わたくし、ただでさえ芸能人に気付かない人なのでねぇ。

ちなみにですね、以前某三茶駅前のドトールでお茶していたら隣にちょいヤンキーくんが座ってきたんですよ。ちょっとこえぇ、とビビリつつなるべく直視せずに10分程たった頃でしょうか。
隣のヤンキー君の携帯がブブッって震えまして、彼はその電話を取って話し始めたんです。かなりちっちゃな声でね。
「ああ、おれ。うん、今三茶。あとどれくらい?」
・・・・・・・・・・・・・。うーん、どっかで聞いた事あるよな。←コーヒーゴクゴク

Σ( ̄ロ ̄lll)って悩むまでもない。この声は中居くん(爆)

中居くんが隣に座っていることに、彼がしゃべるまで気付かなかったまつこです。
彼は電話終えたら即出ていっちゃいましてね、じっくり観察することもかないませんでしたが。そんくらいまつこは気付かないんですよ。大体一緒にいる友人が気づくことの方が多いです。だからナオトさん近くにいてもわからんかも、と思う。

で、その知名度を調べるためにソラマチ商店街を訪れた3名様。ここで帽子を被らず歩いたナオトさんはほとんど気づかれなかったわけなんですが、映像を見て納得。

こら誰だかわからん(爆)shadow

やっぱね、この人帽子が既に体の一部なんだなぁー。

で、じゃあ関西二人組が歩いたらどうなるかっていう検証ですが。

正直この人たち変なオーラ渦巻いてて近づきたくないっていうか(爆)

光「気づかれるけど寄ってこない」

あ、やっぱ気づきましたかflairさすがのキミでも気づいたわけね?←
なんかね、声かけたらすんごい冷たい目で見られてあしらわれそうで怖いのよこの人たち。だから誰もが遠巻きに見守り、もみくちゃどこじゃない、なんだかさみしい話になってるスーパースター2人組。
でもね、確かにね、目の前に光ちゃんいたらまつこは固まると思う。
声なんか絶対かけられないと思う・・・ビビリのチキンだから、まつこ。
コンでハイタッチ求めて手を出すことすらためらってしまうんですからね。
すんません、そのお美しい顔の前にこんな顔晒してcryingヨヨヨヨヨ。生きててゴメンナさい・・・・
・・・ってなる。
まつこ、どこまで本気?って思われてる方おられるでしょうが私結構な割合で本気ですscissors


そしてナオトさん曰く「概念としてキンキキッズ、フードコートにいないnoodle

それ、あながち間違ってない気がするよ。
なんというか、寺の坊さんがバチカン市国にいるみたいな違和感がぬぐい去れない←


でもね、まつこ確かに光ちゃんファンなんだけど、近くに彼がきてもなんか気付かないような気もするんだ(爆)
ここにいるわけないってのがね、なんかどっかにあるんだろうね。
ま、そんなこたなずないだろうけどもしそんな近くで遭遇することがあったら握手してくださいとも言えず「ファンですっ」とも何も言えず後で後悔して枕を濡らすって自分が今から想像できる間違いないと思う。












2016年10月10日 (月)

まつことマクベスTV放送(10月9日放送)あんどお茶やらなにやら

お茶やらなにやらって正式名称書けって感じですが正しくは「サントリー緑茶 伊右衛門特茶 野村萬斎編CM」のことでございます。
お茶!お茶って感じですよこの人!
和の飲み物でさっぱりすっきり、ほんのりとした苦味と心穏やかになる香り。しかもビタミン入って美容にも健康にもよろしい。

野村萬斎、お茶の化身と言っても過言ではなかろうcafe
褒め言葉とは思えぬ微妙な言葉。でも飲みすぎると良くないんだってね(爆)

お美しい立ち姿と艶やかな舞い姿。
白いシャツがことのほかお似合いで見ているだけで清涼感が伴いますが。

が。

んが!

んがっ!!!!


見るたびに気になるのは萬斎さんのおちりがぶりんな件
penguin
だってほらまつこおしりフェチだからぁ♫

踊る度に白いシャツから見え隠れするお肌もなんかいけないもの見ちゃった感で「やんheart」とか言いながらガン見するしりえちゃんといぇいっ!と烏飛びするお姿も姿勢がよろしくて素敵なんですが

やっぱりどうしてもおちりがぶりんな件が気になって夜しか眠れませんsleepy

TVなんかあんま見ない私が既に3回見てますから相当な放映回数ですね。
電車の吊革広告でも見かけたし(パクるの我慢するのに理性を総動員させた)電車内でのCMでも見かけたし。
あちこち萬斎さんだらけでしやーわせな感じであります。

さてそんなさなか先日世田谷パブリックシアターで観劇したマクベスがTV初放送ということで、やっぱり今回も衛星劇場様様でございますshine
衛星劇場様、珠玉の舞台を数々放映してくださいますので大変ありがたいチャンネルでございます。ただ料金はこのご時世にそぐわない価格でryuykgムグ

どうでもいいけどこの舞台直前に道三さんの音楽について語ってたんですよ。
そこで尺八って言葉にするのためらうぅ♫テカルぅ~と友人に言ったらそんなお前が変態だと言われたまつこです。そうですわたしが変態ですscissors

ほんとどうでもいい話は置いておいてマクベスですよ。

舞台では前から3列目ど真ん中というこれ以上ない良席で見ることができたので、舞台上での事細かな表情というのは多分ライブで見た感覚の方が強烈に残っているんですが、やっぱり全体を落ち着いて見たいと思ったときにはやっぱり映像がよいのですよね。
改めて見ても三人の魔女がすごい。萬斎さんだけ見てもお釣りが来るのにこの三人だけでも見る価値がある。
そして萬斎さんの殺陣の美しさときたらもはや舞踊でございます。
で、映像を見ながら生で見た時の自分の感動を思い出してたりするんですが、なんというか私はその時々の舞台上の人物に入り込んでしまいがちといいますが意外と無の状態で舞台を観劇していることが多いような気がします。
だから改めて映像で見ると結構見落としてた箇所があったりする。
こんな布あったっけ?と思ったときは我ながら「何を見てたんだろか・・」と思ったりもしましたが、観劇中はそれほどに集中してるわけですよ。
この集中力を勉強に使えればまつこはどれほどかしこい子になっていたことだろうかと思わなくもないですが。

何はともあれ映像化されたことが嬉しい(´▽`)
けどやっぱ生で感じた感動に勝るものはないわけです。
やっぱり

生サイコーupdiamond

ナマですよナマ。






2016年10月 8日 (土)

まつこと広島ツアーあれこれ

日々激務でテレビが見られてません。
ブンブもタモリ倶楽部も見られてません。

光ちゃん不足。ビタミンなんかいらない。光ちゃんよこせ

連休もね、出勤して仕事せなあかんのです。
なんとか乗り切っていきたいのですが毎晩タクシー帰りでしてね。

そんな激忙しい中唯一の希望は先日届いた広島チケットとツアーのチケット。

広島がねぇ。

なんじゃこるぁあああ!impact

って思わずユーサクマツダしちゃったくらい神席が来たんですよ。

正直ね、光ちゃんのソロコンでは横アリ3連敗、よーやく当たったと思ったら立ち見だったりとかね、とかく運のないまつこFC名義。

それがあなた、かつてこんないい席当たったことある???ってくらいのすんごい席が来たのでびっくりしましたよ。

これは・・・・・・・・!

光ちゃん捕獲可能席ですね?何で釣ろうかな♪ふぇらーりとかかなっ

例え光ちゃんがステージから落っこちてきても

丸ごと受け止めるさ!diamond



ちなみにまつこFC名義、ソロコンには運に見放されてますけどSHOCK枠には強く外したことがあまりない。それが例え一ヶ月公演でもですよ。ちなみに相方は逆なのでお互い何とか席をキープできてますが。

そして広島旅行のツアーチケットも届き、気持ちは広島shine

まつこ、これでなんとか仕事頑張れる。

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »