2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

Twitter

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月27日 (日)

まつことブンブブーン (11月27日柳沢慎吾さんゲストの回)

先日東京では雪が降りました。snow
前日「明日雪だってよー」なんて話しているその日に私の部屋のエアコンが壊れましたwobbly

なぜこの日に壊れるもっとこう、違う日あったよね・・・

ってことで昨日我が家に新エアコンやってきましたがそんなこたどうでもよかったですね・・・
本日のゲストは柳沢慎吾さんです。バリキンとかそれキンとかなつかしー。
そういやあの頃やたらとこの方とキンキくんたちは番組で一緒になってたよーな。
光ちゃんも言ってましたけどこの方昔から変わらないっつーか、芸と存在感がブレないっつーか。
キンキくんたちが若かりし頃はですね、柳沢慎吾さんの賑やかさ(←言葉選んだまつこ)が若くて経験もまだ浅い彼らにはとってもありがたくて助かってたと思いますが既にユルダルのほほんbeerが芸風として定着しつつある今の彼らにとって柳沢慎吾さんはもはや対極にいるっつーか。
右と左っつーか。水と油っつーか。スイカと天ぷらっつーか梅干とウナギっつーか。
要はテンションが合わないっつーか。
もはやOPから・・・いや言うたら先週からでしたね、げっそりしている2人。隠す気はないらしいrockそれも最近芸風として定着しつつある

そんな慎吾さんをお迎えして本日は「高級車を見に行こう!」つうことでメルセデスベンツのアンテナショップへ。
余談ですがメルセデスと呼ばずベンツと呼ぶのは日本だけらしいですよ。世界中どこでも大体メルセデスと呼ぶらしいです。
ちなみにフォルクスワーゲンも同様で、ワーゲンと呼ぶのは日本だけでこれもフォルクスと呼ぶのが一般的だそーな。ワーゲンって大衆車って意味らしいですからね、確かに変っちゃ変ですわ

またそんなまつこのコネタはともかくとしてベンツですよ。
まつこもこのお店気になってました。あのへんやたらと高級車のディーラー店とか本社とかおっきいショールームが集まっていて結構見ていて楽しいエリアです。
まつこ的には車の運転は好きだけどそれほど車自体に興味があるわけではありません。
むしろ飛行機の方が好きですshineが、そりゃ可能ならばお高い車が欲しい。
メルセデスならAMG G63がね、欲しいんですよ。
でもね、中古マンション買えちゃったりするお値段だしね。維持費もお高いだろうしね。
ってか現実問題買えないんだけどねo(;△;)o
光ちゃんもメルセデスの高級車に囲まれてそこはかとなく楽しそうな。メンドクサイ感は相変わらず滲み出してますけど(爆)

そんな車に囲まれて本日もやってまいりました、光ちゃんのお食事タイムshine
別名「食べ物を食す光ちゃんを愛でる時間」restaurant
最近ね、思うの。例えばフォーラムくらいの規模のハコ使って光ちゃんが食事するのをただひたすら眺めている会っつうーのがあったら素敵ねぇって。まつこもちろんお金払うしね。
って話を友人としていたら友人曰く「食事をしている姿でSexの傾向がわかるらしいよ」

Σ( ̄ロ ̄lll) な  ん  で  す  と  ?

要は食欲と性欲って密接に関わってるらしく、女性が物を食べている姿が好きとか言う男性は結構性欲強いとかいう話があるらしい。

え。
またまつこ、地雷踏みましたか?bombしかもその上でタップ踏んじゃいました?

てことはだ。
まつこ、光ちゃんの食べ方っていつ見ても品がいい食べ方をするなぁって思ってたんですよ。がっついていても下品に見えないというか、お育ちの良さが見えるというか、お母様がきちんとされているのねきっと、と思わせるというか。

つまりはその、
彼の食べ方から想像するに彼のおセックスはお上品でひnkll;;kl::l./asxouあうっ

ホントすいません。まつこ、本気で反省してたりする・・・・。けど多分明日には忘れてるのも事実←

何はともあれ光ちゃんが美味しそうに物を食べている姿は和む。
なんつーか、猫がミルク飲んでる姿を目を細めて見ているのに近い感じで←
そんなおっきなハンバーガー、そのちっちゃなお口でどうやって食べるんだい?
頬袋とかパンパンにしてはむりと食べるのかい?とかニマニマしながら見ているやっぱり心底根っから変態体質まつこ。

いや変態談議はこのへんにしとくとして、見ていて感心したのは光ちゃんが自分を取り囲む人々に対するリスペクトを常に持ってるなぁと感じたこと。剛くんもですけど。
そりゃね、正直言えば慎吾ちゃんなんか絡みずらいと思うんですよ、ぶっちゃけ(ぶっちゃけすぎ)でも彼はそんな中にも必ず何かしらのリスペクトを抱くようにしているように見えるんですよねー。
相手のこと好きでもキライでもいいけど一緒に仕事するならなんかしらのリスペクトだけは失っちゃいかんなってまつこ自分を戒める意味でも改めて勉強になった(こくり)
相手をリスペクトする気持ちがない状態で仕事を一緒にしていたらいい結果は決して生まれないってのはまつこも短くはないサラリーマン生活で学んだことです。
イヤなヤツでもね、1ミリくらいはどっかしらあるはずなんですよ、リスペクトすべきところが。これを言うと大体「探したけど1ミリもないやつがいるんだけどannoy」って答えが返ってきますがいいんですよ、見つからなくても。見つけようとする姿勢が大事とまつこ思う。
慎吾ちゃんも光ちゃんの言葉にテレテレになってしかもほのかに嬉しそうな。
そういうこと面と向かって言ってくれる人ってなかなかおらんですもんね。しかも光ちゃんってズルいわーって思うのは話す言葉がなんだか無条件に信頼できるっていうところがある。例えそれがおべんちゃら的言葉だったとしても(爆)

ああ、こいつまた一人手玉に手中に収めたなと感じたまつこ。
「最高だった、今日diamond」っていう慎吾さんの最後の言葉に全てが集約されている

そしてメルセデスの高級車を運転している光ちゃんを見て思う。いい車が似合うようになってきたなーって。
正直言えば若い頃ぽるしぇとかフェラーリとか乗ってる姿がなんとなく「乗せられてる」感が否めなかったんだけれども。なんだか子供がミニカーで遊んでる感が(爆)
いい車が似合う男はいい男だよ光ちゃん☆彡

それにしても今日はまた美味しいものを食べる美味しそうな光ちゃんが見られてよかった。
例えそれが変態目線だったとしてもヽ(´▽`)/

2016年11月20日 (日)

まつことブンブブーン (11月20日GACKTさんゲストの回)

がっくん東南アジアに住んでたのですか。
それでウェルダン的肌焼け具合なわけですね。もうどっからどう見ても海外セレブdiamond
この人も年齢不詳ですよほんと。10年前となんら変わらないお若さとかっこよさ。
光ちゃんと2人並ぶともうこの世のものとは思えんほどの美破壊力。

美しすぎるshine

ハイビジョン放送がふっつーになったこのご時世だからこそこの2人の破壊的な美しさがより際立つ。

ってこれなんかの化粧品のCMかっちゅうくらいなコメントですけれどもwheelchair

そんながっくん本日は肉談義したいっちゅーことで。焼肉店巡りっちゅーことで。

まつこ、最近とっても肉が食べたくってね。突然肉大好きになっちゃってね。
いきなりステーキとか一人で行っちゃったりするわけですよ。
アウトバックやTGIFなんかは間違いなく月イチで行ってますしね。
どーしちゃったんだろな自分ってくらい肉食になりました。
なのでこの回で紹介された店、めちゃくちゃ行きたい。
焼肉食べたい。肉、肉くださいshadow←怖

普段食べることには興味がないと豪語される光一さんなので、正直ファンとしては彼が食べている姿を見るとホッとするっていうか、ちゃんとたべーや?ってオカンになるっていうか。
しかも光ちゃんの食べてる姿ってなんかかわいいdiamond
どことなくお箸を持つ手がぎこちないしあのちっこいお口でチマチマ食うしでその姿たるや
小動物かおまへはchickってくらいの。これまた凄ましいほどの破壊力

しかも
「乗せちゃうheart
「巻いちゃうheart
「食べちゃうheart
とかもう明らかに自分のかわゆさをわかってて見せつけるような発言としかannoy←被害妄想です

ああ、ヤツの策略にハマってる自分が悔しいannoyannoyannoyannoyannoyカワユス・・って言葉が口をつきましたけど何か

挙句光ちゃんが何かを口に運ぶ度に「カプッ」っていう擬音がつくんですけど。
わかるよ。わかる。その音付けたくなるよね!
タラちゃんがトテトテ歩く音にも近いものがあるよ!

しかもこの回の恐ろしいのはそれだけじゃないんだよなぁ。やんなっちゃうheart04
長めの袖で時々お手手が半分隠れるもんだからいつもの行動が5倍増しでカワユスapple
これはあれなのか。
必殺★彼氏悩殺「彼のジャケット着たらおっきすぎてお手手かくれちゃった☆彡テヘ。そんなあたし、かわいいでしょ?」攻撃なのか。
余談ですがいつも行くお洋服屋さんでイケメン店員さんに勧められたカーディガンがこんな状態になってしまい「え~・・・」と渋っていたところに「それが男殺しなんですよscissors」と言われ即買してしまったまつこ。踊らされてる感満載。

まだあるんだよなぁ。
光ちゃんが苦手だというミノを食した時「あかん食えてもーた・・」だの「おいしいheart」だのふざけたかわゆい発言をする光ちゃんを優しく見守るがっくんの「記念日かな?」という言葉の優しい言い方っったら。

がっくん、その目の前の人、確かにカワユスなんですけどついてるもんついteuokmlk,;,hあぅ

・・・・ごめんなさい。興奮するあまりがっくんなんか間違えちゃったのかなって勝手に誤解して。
まつこ、反省する。


しかも肉は肉でも今度は違う肉談義(筋トレ)関連の話を始めるがっくん。
ホントがっくんイイ体してるけどあれはストイックに鍛えた結果なのは一目瞭然。
しかも光一さんのおっぱい場所を的確に探し当ててくださいましたが、まつこ個人的にはがっくん!チクビ場所見つけるコツ教えたらあかん!ってちょっとムンクになった。
あのチクビ当てはまつこの得意技だから!bomb飲みの場でメンズにやるんだからタネ明かししないでっ←的中率98%


なんかこんなことあれこれ語ってたら友達に「あんなふつーの回でそれだけかわいいかわいいと連呼するのはある意味どうかしてる」と言われました。
そうかもしれないけど、でも光一フェチなら同意を得られると思う。まつこそう思う。

それにしてもキンキって大御所キラーっていうか、自分のこだわりを強く持ってるようなアクの強いアーティストさんも手玉に取るというか骨抜きにするのがうまいというか。
やっぱファンの我々が感じてるような癒され感を感じるんだろーか。
がっくん、いつになくリラックスされてたし呼んだらまた来てくれるっていうし。
やっぱキンキってすごいわ、といつになくふつーの感嘆の言葉で締めようと思いまする。
いやあんまりにもカワユスカワユスバカのひとつ覚えみたいに連呼しすぎたとやや反省したもんで。

2016年11月19日 (土)

まつこと「ベストヒット歌謡祭 2016」&「SONGS」 11月17日放送

キンキくんがデビューした1997年って激動の年だったわけですね。
なるほど、こんなことやあんなことがあったわけですね。
実はまつこにはどれもこれも懐かしいとかああこんなことあったねとかいう感慨が全くないのですよ。私この年海外に住んでいたので日本で何が起きていたのかほとんど知りません。で、外国にいながらして光ちゃんのファンをしてましたので、当然のようにファンの皆様がご存知のことなんかも知らなかったりする。
ああ、あれからもう19年もたったのかぁ、と思い出すことは結構辛いことばかりですけどね、根がアホ楽天的なのでそれなりになんとか楽しく過ごしていた日々でありました。

さてまつこの話はさておいて本編であります。
毎度のことなのでこちらにいつもお越し頂いている方々はご承知のことかと存じますが長い音楽番組は生で見ないを鉄則にしているまつこですので今回も当然のごとく録画ですdiamondドヤァ
そして当然のごとくキンキくんたち以外はすっ飛ばして拝見させていただきました。
でも早送りしてもしてもあのちっこい二人組が画面に出てこない。
あっ、いた!と思ったらゆずだった。二人組違い
トリでしたね。ちょっと意外な感じもしましたが結構な時間を割いて映してくれたのは大変ありがたいupwardright
但し特に書くべきこともございません(爆)うーん、感想らしい感想がない。強いて言えば
キミら芸人じゃないんだからそこまでせんでもsweat02って感じでしょうか。
前振りされるとどうにもノらないといけないんじゃないかという義務感に苛まれていると思われる関西二人組、一応アイドル。気配り上手な37歳

今回一番書きたかったのは「SONGS」なんですよね。
実際この番組の内容っていつもすごく濃厚だし深いし結構前から楽しみにしてました。
斎藤工さんのナレーションもとっても素敵shine

で、番組見終わって思うのですが、私が改めて確信したのはやっぱりまつこは光ちゃんのファンなんだなぁということ。
光一さんはキンキという基盤があってこそ存在する人だと思っていて、キンキではない彼は彼でなくなるとも思ってます。アイデンティティのありどころっていうんですかね。キンキとしての彼も好きだし彼を含めたキンキも好きです。
でも光一ファンなんですわ。フクザツな乙女心★

やっぱり私は光一さんという個の存在に惹かれてキンキのファンにもなっているというのが正しいんだなぁって再確認しましたよ。
まず彼の何に惹かれてるかっていうと容姿はファンになるとっかかりとしてあるとして、プラスその考え方とか仕事に対する姿勢とかブレない立ち位置とかがここまでどっぷり深みにハマっている理由に挙げられるわけです。
ファンだから彼の言うこと全てに同意しているわけじゃない、彼の言葉に深くシンパシーを感じるからファンになっているというのが正しい気がするのであります。
思慮深くて人間性にバランスが取れている人の意見って面白いくらいに共通点があるというか、有り体に言えば全く同じ結論にたどり着くことが多いんですよ。
だからなのか仕事で一緒になる優秀な人たちと光ちゃんの言動ってすごく類似点が多くて、「あれこれどこかで見たことあるな」と思うと光ちゃんがTVや雑誌で語っていたり行動していたことだったりすることが多々。
要はファンになった人が尊敬できる人だった、っていう感じに近いのかもしれないなと。
だから彼の言動で裏切られたことは一度もないというか、もしこの先何か彼にがっかりすることがあってもその裏に自分が計り知れない何かがあるんだろうなと想像出来るほどには彼に対する信頼性があるように思います。

で、今回のインタビューではそれが色濃く出ていたなぁと思うのです。
2人別々にインタビューをしていましたけど、彼の客観性があるといえば聞こえはいいが相変わらず俯瞰的に自分たちを見ているところとかsweat02聞いていると「あ、わかってるのね」っていう安心感があります。

ちなみに今まで避けていたけどこの番組では恐らく避けて通れなさそうな剛くんという存在について。
正直私は彼の発言に同意できることが少ない。
有り体に言えば「そら違うだろannoy」って思うことの方が多いかもしれない。
でもそれはまつこが正しいとか正しくないとかではなくて多分まつこがビジネス思考の考え方の人間だからかもしれないと近頃思うのです。悪い言い方すれば俗物的な感じですよ。
対する剛くんは芸術家的な人なんでしょうね。損得じゃなくてフィーリングで物事を見ている、みたいなね。
光ちゃんは商品価値としての自分たちを冷静に見ていて、周囲の人間たちの思惑も全て承知の上で自分の仕事をやっている感がものすごくする。でも剛くんは多分そういう俗物的なことがイヤなんだろうなぁと今回のインタを見ていてなんとなく感じたりも。
こんな水と油みたいな二人が絶妙な空気を醸し出している、ってのが彼らの魅力かなって最近とみに思います。ホント奇跡の二人だね

但しまつこ的にはプロフェッショナルな人間としての光一さんという存在をものすごく尊敬しているので、どうしても光一ファンになってしまうんだなぁ。
仕事人としてまつこもこうありたいと本気で思う。

って長々と語りすぎたsweat02
そんなもん聞きたいわけじゃねーよpunchって思われたら申し訳ない。

まつこのゴタクは置いて本編ですが。
インタビューの光ちゃんがいつになく♂ぽいshineちょいとおばちゃんどちどちしちゃったわheart01
ハイカラーのシャツなんか滅多に見たことないから新鮮で新鮮で。
ノーブルなのにどこかアブノーマル的な感じもscissors変態的視野っつうんですかこれ
いや光ちゃんがアブノーマル云々ってんじゃなくって人のアブノーマル心をそそる感じが(爆)一部の隙もない感じがね、むしろその首元のボタン外したらセクシーじゃね?と妄想を掻き立てるっていう感じ?upていうかむしろボタンむしりたいっていうkaruok,.
多分こういうのが似合うような大人の空気を纏うようになったのかなぁと首元のボタンぼんやり見ながらまつこは思うまだボタンにこだわってみる

・・・・なんか妄想チックに真面目に語るか変態丸出しかの二択ブログで申し訳ないと今本気でsweat02








2016年11月14日 (月)

まつことラジオ「9月なのに突然ですがKinki Kids生放送」9月10日放送

東京ドーム取れたみたいです。でも季節柄的に行けるかどうか。
行きたいなぁってこないだの広島を堪能したまつこはしみじみ思う。そんくらい楽しかったんだもの。

で、すんごく古い話で恐縮なんですが9月キンキくんたちのNアルが発売されたばかりの頃のラジオをですね、実は今朝ようやっと聞きました(爆)
いやぁ、なんかきっかけなくすとなかなか聞かないもんですな。
実は今朝自分のスマホの中の音楽色々いじっていたらこのラジオが見つかったという。
というわけで「今更かよannoy」というお怒りの声が聞こえそうですけど9月のラジオです。

いつものどんなもんヤもたまーに聞きますしあのだれきったまったりとした世界観も好きですけど天下のN〇Kラジオ様ですよということを分かっているのか分かっていないふりしてるのかとにかくありえないほどのゆるさで行われるこのラジオも結構好きなまつこです。
しかも今回まつこが大好きなどんちゃんも出てる。

どんちゃん、ほんっといい人だなぁup
年下の2人組に弄ばれてもそれなりにノってくれちゃって。
しかもこんなんだけどほんっといい曲書くんだ、この人←


しかもどんちゃん名言呟かれました。
「キンキが歌ってるとユニゾンなのに一人で歌ってるように聞こえる時がある」
そーなんだよなぁ、と一人こくこく頷くまつこ。
それプラス「あれ?これ光ちゃんが歌ってる?剛くん?」って迷うときもたまにある。
全然違う声なのに不思議。

で。
こんな古いラジオのこと書いてもなぁ・・・と当初はブログにこのラジオのことを書く気は全くなかったんですが、気が変わったのはイエモンの吉井さんのコメントを聞いてから。

吉井さん、曲の依頼が来た時「ようやく来てくれた、という個人的な嬉しさがあった」と思って頂いたそうで。
正直びっくりの発言でした。吉井さんといえばもうご自身のつくる曲とご自身の歌う曲とでもう世界観が確立されていて、別にキンキに歌を歌ってもらわなくったって十分ご自身でスターの方ですし。
じゃあなんでようやく来たかって思ったんだろうなーとここからはまつこの想像という名の妄想でございますけれども、やっぱりこの二人に歌ってもらうってことはどんな世界観になるんだろうっていう作り手の想像を掻き立てられるんじゃあなかろうかと。ホントにまつこの想像ですよこれ。
それはドリカムの吉田美和さんの曲を歌った時にすごく感じたんですがドリカムの曲ってすぐに「あ、ドリカム」ってわかるくらいの世界観があるですよ。
あれをね、普通のアーティスト歌っても下手したらドリカム色に染まるんちゃうかって私個人的に思ってるんです。
でもあのお笑い二人組・・・もとい関西二人組は染まりきらずにいたってのが私あの曲がリリースされたときに感じたことなんですけど。
まぁドリカム風味は残ってましたけどでもキンキ風味もあってなんだか不思議な世界観になってました。あれはまつこ的に驚き&キンキを見直すきっかけになったと言っても過言ではございませんでしたが。
ああいう感じでこられちゃ多分色の濃い独自の世界観をもってるアーティストさんたちは「自分の曲歌ったらこの人たちどんな感じになるんだろう?」ってすごい想像力掻き立てられるんじゃあないのかなぁと思ったわけです。自分たちの色が濃く出過ぎちゃうから、普通のアーティストさんじゃあ染まりきっちゃう危険性はありますな
そんなふうに感じてたので今回の吉井さんコメントにも「やっぱりそうなのかなぁ」とやや確信を深めたわけなんですが。
しかもこの2人が歌うと作り手のアーティストの空気や世界観も残ってるのがすごく不思議。

染まりやすいようでいて染まりきらないそのアンバイがたまらん、とまつこは思うのです!dash

またまつこイミフだっつう感じですね。でもいいの・・・うん。ここで書けただけでいいの。
だってブログなんてそもそも自慰的なもんじゃあありませんか!bell←逆ギレ

と好き放題書いて今日は御暇致しとうございます。

2016年11月 6日 (日)

まつこと野村狂言会のお知らせ

よいやの会報が来ました。
同時に来年度の年貢徴収、もとい来年度のFC会費振り込め用紙、違う、FC会費振込用紙も届きました。
早く納めなよ?♪早く納めたらカレンダーあげちゃうよ?♪ヽ(´▽`)/
と魅惑の言葉に引き寄せられ本日振込完了したまつこです。

同時に届いたのが野村狂言会の年会入場券申込書とやら。

来年度の予定もわからんのに来年度4回分の入場料を払えとおっしゃるのか(泣)

しかも「木曜か金曜どっちかしか選べないよ?♪」ってどっちも平日じゃあござんせんか。
そら殺生な。サラリーマンにはきつうございます・・・・

でも番組が面白そうで今どうしよう、どうしたもんか、申し込むべきかと悩み中。
ま。当たる気がしないから余計な心配かもしれませんがでも後から申し込んでおきゃよかったなぁと思うのもシャクだよ。地団駄踏むよ。

と同時にびっくりこきまろ!したのが全ての番組に太一郎くんの名前があったこと。

(゚▽゚*)すわ東京和泉流の和解か!shine

・・・とちょいと喜んだのもつかの間。色々掘って調べていたらなんだかディープな事情がおありになりそうで。
下世話な話になってしまいそうだからここでは控えるとして(興味のあるかたは個々に掘ってみてくださいまし)なんだか政治的な匂いがプンプンする感じにちょっとゲンナリしてしまった。
まぁね、伝統芸能ってどこでも後継者争いみたいなのに揉めてますよね。
もはや名前を書くのも躊躇われるほどに妙なところにいっておしまいになった自称和泉流二十世紀宗家様とかもそうですけど、なんだか東京の和泉流ってキナくさいものが常につきまとっているような気がする。
同じ狂言一家でも茂山家はあんなに仲良くやってるのになぁ。
万作さんや萬斎さんの御一家は元々万作さんが次男ってこともあって相続云々みたいなところからは一線引いたところに身を置いているというか、芸を極めてお家を栄えさせるみたいな気概を感じたりもします。
むしろその方が幸せなのかもなぁ、となんとなく素人なりに思ったり。

ま、ゲスの勘ぐりは置いておくとして太一郎くん、結構好きなので今後萬斎さんの舞台にたくさん出てくれるのがそこはかとなく嬉しい。

いやだから問題は年間入場券をどうするかだ←戻った

まつことキンキ新曲「道は手ずから夢の花」&初回特典DVD「花と花」

初めて聞いたのは広島ライブで。
いやぁなんていい曲なんだぁ、って染みましたよ。
2人の伸びやかな歌声も心地よく、会場を後にする際には新曲買おっかな~という気になっておりました。

前回の新曲の際にも書きましたけど、キンキのCDっちゃあもう何年も買ってなかったんですよ。いや何が悪いとかじゃなくって買いたいと思うだけの心惹かれる曲があまりなかったってのが正直なところ。
これも何度か書きましたけど最近のキンキくんたちの曲っていい曲だな~ってのは間違いないんですがどーにもこーにもどこかで聞いた感が否めなかったというか、新鮮味がなかったというか。まつこ的にはそんな曲を繰り返しリリースされるもんだから正直ここ数年の曲がごっちゃになってるsweat02

かといってこの曲がキンキのターニングポイントとなりえるほどの曲になるかといったらそこはやや疑問が。
正直今回の曲もなんとなく「フラワー風味だなぁ・・・」と思ったのはここだけの話なんですが。と言いつつブログを通じて世界に発信してしまっている矛盾の塊まつこ

批判じゃあないんですよ。そこは分かっていただきたいんですよ。
この二人にはもっと新しい世界があるはず!未知の世界があるはず!と信じて疑わないだけにちょこっと惜しいなぁって思っただけで。

でもそれを差し引いても有り余るほどの曲の良さとハーモニーのよさ。
ただ聞いているだけで心地よいハーモニーはここ数年この2人が2人で磨きあげてきたものかなと。それは技術とかじゃなくってね、人が聞いていてただ「気持ちいいなぁ」って思えるってのはその歌い手の円熟した魅力だと思うので。

ただ聴いてるだけで心地よいハーモニーってすごくね?up
イタイファンと思われてもいいもん。だってホントのことだもん。

だから買いました、今回のCD。実際かつてないほどに聴いてますよ。
車の中でも、通勤電車の中でも。特に朝の殺気立ったラッシュの中聞いていると心が安らぎますよ。ホント癒やし系アイドルだなぁ。

ってことで期待高まる特典DVD「花と花」です。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ̄○ ̄;)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


えと。

これで何を語れと?chick

意味わからんのがキンキクオリティ。rock
オチないのもキンキクオリティ。scissors

そして見ているうちにじわじわ来るようになるのもキンキクオリティpaper

あら不思議、「アホ面・・」とまで思った花くんたちが健気に見えてくる♪
風にも負けず嵐にも負けず耐え抜いてがんばる花くんたちを頑張れ頑張れ!って応援したくなってくるわ。

あな恐ろしやキッズたちdrama((((;゚Д゚))))
危ねぇ危ねぇ引きずられるとこだった。

まつことブンブブーン (11月6日乃木坂46ゲストの回 後編)

キンキくんたちは新曲プロモでMステやらに出ておられますけれどもわたくしここでまだMステのことを書いてませんでしたね。

だって録画失敗しちゃったからぁ☆彡テヘペロ

いやぁ~・・・まさか撮れてなかったとは。
ピコ太郎見たかった←そこじゃない

花と花の感想はまた後ほどUPするとしまして今回はブンブですよ。後編もみょうちくりんな帽子でかわゆらしい光一さん。
USJといえばやはりジョーズ溶接ということで!

懐かしのピカ様!diamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamonddiamond

ピカちゃん、大好きだったわ。なんでかわかんないけどあの人エロかった。←またか
妙な髪型してんのに唇だけがやけにぽってりセクシーheart
妙な動きしてんのにおしりがぷりんでセクシーheart

ピカちゃんエロす~、と言い続けてン十年。
近頃「なんとなくわかるけど」という言葉を光友(光ちゃん友達)から得られるようになりました。

そうですよ。
ピカちゃんはエロスなんですよkissmark
ぶかぶか不格好なつなぎの下にはエロい体がryusjolkll

おじさんのハゲとかピカちゃんにエロスを感じるまつこ、最近本気で「ツウな変態」に近づいてきているような気がしないでもないですがそれはさておきUSJ後編です。

ロイヤルパス、まつこはUSJ行ったら絶対買います。
金で時間と体力をセーブできるならいくらでも出すがな←トラン〇氏的発言

しかしここは裏技を使ってこのロイヤルスタジオパスをタダでげっちするためにモッピーの笑顔写真で最高得点を出そうとがんばる芸能人御一行。

いやだからそんなことするくらいならいくらでも金だryuchiklムグrock

大方の予想通り雑誌でよく見る「ザ・愛想笑い」で写真に映ろうとする光一さんですがタイミング合わずいつもの無表情で(光一さんらしゅうございます)写ってしまわれて。
このあたり光一様仕様な感じがありありと←意図的じゃないのに
しかもご本人笑顔でもないのに73%いってしまうという中途半端な結果に。
低ければそれはそれで笑いが撮れたのにねっていう。でも機械も光一さんの愛らしさにバグを起こしたとしかいいようがないね。こんな発言するまつこがバグってんのかしらね。ウフ。



そして園内にあるという謎のおっきなコーラ自販機。一人じゃ買えないこの自販機に肩車して購入しようとしてまたわちゃわちゃ余計なおもろいことをしようとする関西二人組(一応アイドル)「イチャつくコンビ」というテロップにannoyマークがつかないのが不思議なくらいにスタッフの皆様の「またかannoy」的な思いが感じられます。愛されてんね★
挙句暴走する光ちゃん肩車がなんでかツボにハマった腹抱えて見てたよ。なんじゃこら

なんだろ、なんでかこの人らの予測のつかないゆる~い笑いがたまらん今日このごろ。

次なるスポットはキティちゃんとお話ができるというリボンコレクションへ。
早速登場したキティちゃん、愛らしい姿で光ちゃんに抱きつき、手をつなぎ、「光一さんたちこんにちはぁheart」という挨拶までかます始末。

まさか、まさかとは思うがキティちゃん。



君も変態なのかい?bellbell光ちゃん鎖で繋ぎたいとかそういうry

え。SM〇ティ?shineshineshineshineshineshine

*ただ今不適切な発言がありましたことを某サン〇オ様にお詫び申し上げます



間違えました。もう一度。テイク2。



君も光一フリークかい?
光一くんのどこが好きなんですか?という問いには「やっぱりぃ、爽やかな笑顔かなっheart」と妙に女の媚を振りまき、。。。


・・・また間違えましたテイク3。

女の子らしいお答えではにかむキティちゃん、とってもカワユスheart01!やっぱキティちゃんだよね!世界のアイドルだよね!

でも本当に申し訳ない。
やっぱその隣の爽やか笑顔を貼り付けてるおっさんの方がかわゆらしいんだよ、まつこにとってはさchick
キティちゃんより愛らしい37歳♂(中身60歳)

そしてオーラス遂に来ましたハリーポッターザライド!
これは乗りたい。本気で乗りたい。このためだけに大阪行きたい。
ハリーポッターは見たことはないがラドクリフくんには会ったことがあるという光ちゃん。
帝劇の階段でお手々繋いでたアレね。
正直ハリポタファンからすると光ちゃんなんと罰当たりもんなんだおまへはannoyという感じでございましょうか。まさに猫に小判。光ちゃんにラドクリフ。
てか光ちゃん、まさかあの時ラドクリフくんを誰だかわかってないまま手ぇ繋いでたってことはないよね?eyeglass

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


まさかね!ハハッ!
・・そのまさかがありえるのが光一クォリティ。



ちなみにまつこは赤毛のロンが大好き。かわゆいよ、ロン。

そのライドに乗ってこの上なく楽しそうな光一さん。
ああ、この顔見てるとこっちも幸せになるよぉ。疲れも取れるよぉ。
おじさん明日からも頑張って働くよぉ。

なんか先日会社の男子が檀蜜の新しい写真集が欲しいとつぶやき、「あれ見たら1年くらい頑張れると思うんだよなぁ」と言っていた意味がしみじみわかる今日このごろ。

2016年11月 5日 (土)

まつこと「野村萬斎xシェイクスピア密着」10月30日放送

結構長いこと楽しみにしていたんですよねこの密着。
でも密着は密着でも私が想像していたような密着ではなかった(爆)
もっとこう、マクベスの舞台裏に迫る!的なね、オフショット満載的な感じかと思っていたんですがそんな浅はかなまつこの想像をはるかに超える格調高い仕上がりに。
要はそんな舞台裏みたいなところからじゃなくってイギリスまで飛んで萬斎さんとシェイクスピアの原点にまでさかのぼってしまうという金と時間と萬斎さんをふんだんに使った贅沢な仕上がりになってございます。ほんのり残念な気もしましたけどでもまぁこれはこれで・・・(泣)

番組は萬斎さんが暮らしていたというイギリスの街から始まっておりました。
なんといいますか、最近封印されていた「あの、それはどこでお買い求めに?dramaと聞きたくなるような派手色艶やかなシャツをお召しでございます。
多分どこぞのお高いヤツだとは思うんですよ。でもやっぱり派手色艶やかすぎるといいますか、日本人にゃその色合いはきつかろーみたいな。でもそんなもんが違和感なく似合ってしまう50歳←
しかもワークショップで短パン(正確には五分)姿までご披露されてしまってもう言葉がございません。いい意味でも悪い意味でも(爆)

そしていつも思う、萬斎さんって時折会話で英語的読み方が混じることがあるけどなんでかそれが嫌味に聞こえないbellおかしいな、ルー的なものになってない(爆)
しかもすんごいイギリス訛りというかクイーンズイングリッシュ的な発音がこれまた嫌味なく美しく聞こえるdiamond
まつこ、イギリス訛りの英語を話す殿方に弱くてねぇ。
なんかふらふらとついていきたくなる←

そんな萬斎さんがイギリス留学をしていたのは舞台、特にシェイクスピアを勉強するため、っていう話はファンの間ではもう周知のことでございますが、ここで改めてその足跡を見ることができたってのがね、なんか嬉しくなりますよね。

ちなみに私はシェイクスピアのよさってものをまだきちんと理解できていない。英語圏の人や演劇をやる人がどうしてそこまで魅了させられるのか、本気でまだわかっていないというか。
人間の感情を表す全ての物語が彼の話には込められている、といつぞやどこぞのお先生が話しておられましたがそれを言ったら源氏物語だってそうじゃない?って思うし。
舞台は面白いから見るけれど、かと言ってじゃあシェイクスピアをきちんと勉強し直したいとかいう気持ちにはならんし。
昔アメリカの学校に通っていた時シェイクスピアだけはどうにも理解できない上にシェイクスピア語が理解できなかったもんだから苦手中の苦手、もうほんとアレルギーに近いくらいキライだったですよ。いっつもCくらってたしね
今少しその楽しさはわかりつつあるけれど、でもやっぱまだその本質的なものはつかめていないです。
この番組を見終えた今、シェイクスピアが萬斎さんや舞台人、そして英国の人たちにとっては特別なものであることはわかったけれどでもやっぱまだ理解しきれてないなぁ。
多分まつこは根っから日本人なんだなってちょっと思いました。シェイクスピアより平家物語により共感を覚えてしまうし、そっちの方が読んでいて楽しいもんね。
ただ、ちょっと理解できたのは舞台人がそこまで夢中になる理由。鈴木砂羽さんが番組中で言っていた「毎日毎回違う発見がある」ていうのに集約されるのかなぁと。
その辺はやっぱり能狂言なんかの古典と共通する部分はあるんでしょうね。
同じセリフ・同じ俳優・同じ演出家がやっている舞台なのに時々全く違う舞台に見えてしまうことがあるのはその辺に答えがあるのかなと。

そして久しぶりに再会したハムレットの演出家、ジョナサン・ケントとの会話がほんのり笑えた。
最近何してんのさ、的な質問に萬斎さんが映画でゴジラ演ったよと答えると

「そんなバカな」ハッ、マンサイ、ジョーク上手クナッタネ!ハハハッup

いやいやケントくん。ギルバートじゃないよ。デリカットでもないよ。世界のジョナサン・ケントだぞ。
気持ちはわかるけど本当なんだよclub
冗談なんかじゃないんだぞ。私も最初聞いた時はなんの冗談かと思ったが(爆)

いやしかし今になってみると萬斎さんがあの時期にハムレットをやってくれてよかったのかもしれないと思うのです。40過ぎ、50過ぎてハムレットをやる役者さんももちろんいるけどあの青さを表現できるのは若いうちかもしれんなと思うから。
実際萬斎さんのハム男はDVDでしか見たことないけどあの頃の萬斎さんでなければ出せなかったものがあるなぁとは思う。若さゆえの頭の悪さとか要領の悪さとか苦悩とか色気とかそういうものが。
年齢重ねて演じるハム男もいいだろうけど、そういう若い頃にしか出せないものはどうやったって無理なもんだから。しかもハム男、映像化もされてるからあの頃の萬斎さんが真空パックになってぎゅっと保存されてるし。私のように後からファンになった身には大変ありがたいことです。


そしてイギリスでは現在現地に留学中の御子息・裕基くんとの水入らずのお食事がサービスカットで映りましたが。

裕基くん、首細っそ!首長っ!手足長っ!coldsweats02

とうにお父さんの身長を越したっぽいし今後もっとおっきくなるんだろうなぁ。
しかもイケメン度増してるし。なんかカワイイしheart
間違いなく女殺しになりそうな血は争えんのぅ

それにしてもね、萬斎さんってやっぱりなんかどこか浮き世離れしてるっていうか、あまり昔の自分が書いたポエムをTV番組でご披露する方ってそうそうおられないと思うんですけど(爆)
イタいやつでないのだけが幸いですがなんともこう、B型男らしいなと思った次第bomb

まつこ、実生活ではB型男がダメなのにファンになるのはB型男ばかりというこの矛盾。

2016年11月 4日 (金)

まつことブンブブーン (10月30日乃木坂46ゲストの回 前編)

先週は広島だったもんでちょっと遅くなりましたブンブブーン。
実は広島からの帰りの新幹線で見ようと思っていたら爆睡してまいましてね。
起きたら名古屋。あれ、京都とかすっとばしましたね。

で、今回のブンブはUSJです。
今一番私が行きたいところ。なんだか最近のUSJはとっても楽しそう。ディズニーも好きなんだけど私的にはUSJの方が好きなのです。
やっぱね、映画好きにはたまらん場所だし何より最近オタク向けの楽しそうなイベントやってるじゃあないですか。ワンピとか進撃とかの。
もうあれがねぇ、見たくて見たくて。
でも一緒に行ってくれる人がいない(ノд・。)
さすがにこの年になってUSJ行くために大阪行こう!とノってくれる人はなかなかいない。むしろ怒られたし。プン。

いくつになったって見たいもんは見たいんじゃ(プチッ)annoy

というわけでゲストは乃木坂46です。
実はわたくしAKBとかまったくわからない人なのでこの人たちがどういう存在かちょっとわかってない。わかってないけどなんかほかのグループとは毛色が違うような。
正統派美少女が多い気がするんだけどまつこあってる?

しかものっけからみょうちくりんなものを頭にのっけてらっしゃる光一さん。
でもなんでだろう、かわいいよね←バカの一つ覚え
正直正統派美少女が多いんじゃないかと勝手に思っている乃木坂の子たちよりもかわゆらしいdiamondアイドル殺しつうやつですな

で、さっそくフライングダイナソーに乗ってみる光ちゃんご一行ですが。
これまつこは乗りたい!dashとずっと思ってたんですけど実際の映像見て

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。これあかんやつや

思っていた以上にエゲツない(爆)
足浮いてる上に回りやがりますやんね。回りながら旋回してますやんね。
や、これはあかんやつかもしれません。回るやつはダメです。
乗ってたら大惨事になりかねません(爆)戻した○○がXXXXになって▽▲▽▲

そんな中我らのアイドル光一さんは

無表情shadow

しかもこの上なくきれいなお顔でじっと佇んでおられる。動かざること山の如し、風だけが彼の周りを舞っていてさながら仏様のようdiamond拝んどくか

仏様で思い出したんですけど半跏思惟像ってなんか光ちゃんぽいなって思ってたり。
阿修羅像もいいけどなんだかイメージ半跏思惟像。ま、どうでもいいことでございましたね。

その仏様、もとい光一様がお食事中に背後から忍び寄るディノニクス(肉食恐竜。性別年齢不詳)

真っ先に光一様を齧るあたりとてもグルメなやつbirthday

ですよね。そうですよね。だって一番おいしそうですものね。
しかも今ふっくら肉付きもよくて食べごろ中の食べごろ、クリスマスの日のケーキみたいなもんですよ←意味不
見た目も相当デリーシャスだからかぷっ、てしちゃう気持ちはわかるけどでもまつこなら細くておいしそうな首から行きますけどね。その辺まだまだ甘いディノニクス。だから絶滅すんだぞ

そしておざなりにほかの出演者も食してみますがやはり最初に極上のものを食ってしまって舌が肥えたせいかまた光一様に戻る。

しかも今度は結構深く齧ってみたり。fish

いやディノニクスよ。この人は齧るより舐めた方がおいしrojskcml

(青少年も見ているので規制)


そしてこれまたまつこが気になっているホラーナイト。
ここで光一さんの口からウォーキングデッドの言葉が出てくるとなんか喜んでしまったり。
だってあれ本当に秀逸なドラマだからねぇ。あれを超えるドラマって後にも先にもあまりないかもと思ってるくらいで。
しかも光ちゃんと同じものを「私も好きっheart」ってなかなか言える機会がないというね。
ほらまつことこの人水と油かっちゅうくらい好み合わないからsweat02

しかしこのウォーキングデッドにはまっていた頃、一度ゾンビに取り囲まれて戦う夢をみたことがありまして。
このホラーナイトは楽しそうだけどまた夢に出そうな気もしないでもない。

ちなみにゾンビと戦っていたまつこは激しく暴れまくりもちろん栄光の勝利を掴みましたが最後大量のゾンビに囲まれてゾンビの肉を体になすりつけて逃げなければならなくなったという。
夢の中でもキモかった。
*注釈・・・ドラマではゾンビ肉を体にまとうとゾンビが「なんだ仲間か」と襲ってこなくなります


しかしゾンビが襲ってくるなりちっとも怖いとも思ってないくせにとりあえずテレビ仕様にビビってみせたりしている演技があざといやらかわいらしいやらでこの人も大人になったのぅ、としみじみ思ってみたり。

USJ編、来週も続くらしい。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »