2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Twitter

« まつことブンブブーン (11月27日柳沢慎吾さんゲストの回) | トップページ | まつこと「日経エンタテイメント 1月号」 »

2016年12月 3日 (土)

まつこと「狂言への誘い」12月2日放送の回

マクベスといい何かと萬斎さん舞台を放送してくれるありがたい衛星劇場様ですが実際はいつ解約しようかしらんと思っていたところで←
グダグダと何箇月も契約していたところ立て続けにマクベスやらこの番組やらをやってくれるよーになったもんだからこのまま契約し続けちゃおうかしらんと思っているところ。
しかしEテレ以外で狂言を放映するとは、世の中も変わったもんです。
というか萬斎さんが変えたんだなきっと、と萬斎至上主義のまつこは勝手に結論付ける。
苦情は受け付けないbomb

ということで今年三月にやった国立能楽堂での「ござるの座」の放送です。

【梟山伏】

以前萬斎さんがラジオで裕基くん声を「僕に似ている」とか「声質がいい」と言っておられましたが正直私は「そーかぁ?」って思ってたんですよね。
でも謳いのとこでなんかその言葉落ちた。
声質がおとんに似てますkaraoke
ちょっと声の高い萬斎さんって感じ。いずれはあのバリトン声になっていくのかしらheart

山伏をその裕基くんが演じてます。山伏といえばまつこは万之介さんの梟山伏しか見たことないんですが、萬斎さんが言うようにやっぱり山伏といえば万之介さんが素晴らしく。それと比べてしまうのは酷ではありますがでも若々しくてかわゆらしい山伏はなごみますな。
しかもこの番組、世界のあちこちでやってもかなり評判がいいと聞きますが面白さが現代にも通じていてしかもワールドワイド。
そもそもなんで梟にとりつかれた?という疑問はひとまず置いておいてそゆう謎が謎なままのことが多い狂言シンプルでわかりやすいお話は無条件に日本語がわからん人でも楽しめると思うです。


【見物左衛門】

おじいちゃまんの万蔵さんの見物左衛門の映像を見たことがありますがあれはもはや狂言という枠を超えての一人芝居ですよ。この方に俳優をやらせていたらどれほど凄い俳優になってただろうかって思うほどの。
でもやっぱり名人と言われるだけあって見ているだけで引き込まれます。動作ひとつひとつに見入ってしまいます。
その狂言の枠を超えた吸引力ってのは萬斎さんに顕著に受け継がれているような気がするんですよね。多分おかしくもなんともない、なんの変哲もない一人芝居をやっても人はなんか見ちゃうんだろうなぁと思えるほどの。その萬斎さんがこの見物左衛門をやっています。
この番組ってなんか狂言ぽくないというか、ちょっと特殊な位置にあるように思うんですが実際のところはどうなんでしょう。まつこ、ホント狂言は初心者なのでその辺よくわからんのですがなんとなく他の番組とは毛色が違うような。オチがないっつーか起承転結がなくてのんべんだらりと見物左衛門が飲んでるだけのお話っつーか。梟山伏みたいに無条件に面白いってわけではないんですが、それだけに演じている人の吸引力が求められるように思います。
そういう意味では萬斎さんならではの番組というか、この人のためにあるんちゃうんかって思えるくらいの(爆)
ただ立ってるだけの姿なのにその存在感ったらすごいですよ。やっぱりこの人は生粋の舞台あらしmoon3北島マヤ2


【鬮罪人】

これ最初読めませんでした。見たことも食べたこともない漢字だったなぁ←
萬斎さん、万作パパン、裕基くんの親子三代ご出演番組でございます。
万作パパンと萬斎さんのやりとりってなんか見ていて安心するというかものすごい安定感というか落ち着くというか。とにかく呼吸がぴったり合っているんでかけあいがより一層面白いというか。
その萬斎さんが太郎冠者、万作パパンが主人を演じています。
萬斎さんの太郎冠者って他の狂言師の比べると何が違うかってその一番はとにかくかわゆいんだこれがdiamondまつこ間違えてません。彼は50歳(爆)
あんなかわゆい太郎冠者がいていいものか。
かわゆいっていうのは顔云々がってことじゃないですよ。愛嬌があってやることがイチイチユーモラスででもなんか憎めないっていう感じですよ。サザ〇さんのカツオ的な感じ?
それが故かもしれませんが、太郎冠者が観客を一気に味方に引き込む瞬間っていうのが舞台に上がった瞬間に出来上がるのを感じるんですよ。
この太郎冠者は仕方ないなーっていうね、ダメな息子を見守るおかんみたいな感じになるっていうんですかね。
逆に万作パパンの太郎冠者はのび太みたいな感じってんですかね。ダメダメっ子なのは同じだけどどこか要領の悪さを感じるというか、真面目に一生懸命やるんだけどいつもやらかしちゃうっていう感じがします。
同じ台本、同じ動作、同じ演出のはずなのに演じる人によってこうも違うのかと発見できるのが古典芸能の良い所なのかもしれないですね。まつこ、それがこの年になってようやっとわかってきた。
同じ番組何度も見て何が楽しい?って若い頃おもってましたがさにあらず。
同じ番組なのに演者が変わるだけで舞台も変わるのが面白い。

それにしても万作パパンを打ち付ける萬斎太郎冠者がいつになくイキイキしているのにはやはり多少なりとも私情が入っているのかと(爆)
衛星劇場様、またこういうのやってください。
やってくれないと解約します←

« まつことブンブブーン (11月27日柳沢慎吾さんゲストの回) | トップページ | まつこと「日経エンタテイメント 1月号」 »

まつことTV番組」カテゴリの記事

まつこと舞台&ライブ」カテゴリの記事

まつこと野村萬斎さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2307148/68697076

この記事へのトラックバック一覧です: まつこと「狂言への誘い」12月2日放送の回:

« まつことブンブブーン (11月27日柳沢慎吾さんゲストの回) | トップページ | まつこと「日経エンタテイメント 1月号」 »