2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Twitter

« まつことブンブブーン (2月12日小日向文世さんゲストの回) | トップページ | まつことめざましテレビ「SHOCK密着」2月20日放送の回 »

2017年2月21日 (火)

まつこと2017「Endless SHOCK」2月18日夜の部

こないだの土曜日に今年初めての観劇に行って参りました。
2月3月って何かと仕事が不安定で平日にチケット取ったりしても急に行けなくなりましたってのがあったりするのですよ。
過去2階最前列ど真ん中、そう光一様shineがご降臨あそばされるその席が取れた日に急な仕事が入ってしまって光一様shineの目の前を空席にしてしまった過去がありましてその日の夜は涙で枕を濡らしましたとも
従いましてここ数年はいつも土曜日曜もしくは祝日に申し込んでみたりしてるんですが今年の状況としましては運がいいのか悪いのかわからんって感じで。
席はもうめちゃくちゃいい席ですよ。チケットが取れた日いずれも。
ただ日にちがこれどうなのよ?っていう日程で、2日連続とかwobblyその日はマズイよぉおおおお!って日だったりとかとにかくビミョーなんです。
ちなみに私が思う舞台の良席っていうのは6-7列目のど真ん中あたりだったりします。
どの舞台もこのあたりを中心に作られてるっていいますしね。まぁ前の方でなくてもとにかく舞台は真ん中がよいとまつこ思ってます。最前の端っこだったら後ろの方の真ん中を選びたいと思うほどには。
特にSHOCKという舞台は真ん中の席から見るとこの舞台の群舞の素晴らしさがよぉくわかります。とにかくフォーメーションが美しく見えるんです。だからこの舞台に限ってはとにかくど真ん中!真ん前よりも数列後ろ!希望なんでありますが。

とにもかくにも今年初めてのSHOCK、席は関係者席当たりのど真ん中という素晴らしいお席。
少なくとも周囲は関係者の方々っぽかったです。2つ隣の席のおじさまの元へ光ちゃんのマネージャーさんがご挨拶に来てました。持ってた白い袋の中身は多分パンフと観た。

とにかくね、席が素晴らしいもんだから光ちゃんがお空をぶんぶん飛んでる時は真下にいるわけです。そりゃあこのようないい席が初めてとは申しませんよ?
過去にも何度か座ったことがあるお席ではありますがそれにしても今回初めてでした。
光一様shineの股間shineを真下から見上げるのはeyeさすが座長股間もキラキラでした

しかもジャングルの場面では光一様shineの鍛え上げられたシックスパックが・・・・!
これまで幾度となく光ちゃんのお腹を凝視してきた光ちゃんのお腹フェチのまつこが言うんですから間違いありません。
お腹、うっすら割れてましたpenguin
うれしい悲鳴とそうでない悲鳴とで相方と阿鼻叫喚。だって

光ちゃんは下っ腹がほんのりぽっこりさんなのがかわいいのに!chick

でも鍛え上げられた二の腕といい、まるで彫刻のような美しいお体diamond
本当にキレイな体だったんですよ。あれはもう観賞用としかいいようがない。
結構長いこと口開けて見とれてしまいました。意識が戻った頃には光ちゃんがまた空を飛んでまして我に返りましたが。

・・・と変態根性丸出しなことばかり書いてるまつこですがもちろん舞台はきちんと観ておりましたよ。にわかに信じてイタダケなさそうなことばかり書いてますけれども

見終えてまず感じたのがかなりダウンサイジングされてたなっていうことで。
多分結構なシーンがカットされていたと思うんですがまつこがすぐに気付いたのが殺陣のマジックシーン。あれがなくなったことによって舞台がスムーズになったというか、無駄な時間がなくなったように思います。正直あれはあれですよね、ジャ〇ー演出の名残というか意味不明演出の残骸というか、何分に一回の衝撃!のレガシーというか。早い話やっぱいらんかったよねアレっていうか←身も蓋もない
正直言えばまつこが思うそういうシーン結構あるんです。でもまぁそこは演出家光一様shineのお考えもございましょうから多くは語りますまい。
逆に殺陣のシーンでは音楽が止まって和太鼓だけが鳴り響くシーンができたんですがこれが素晴らしくよくて。
シンプルな音だけっていうのが実は一番舞台の気迫ってものを凝縮させるんだなぁとしみじみ思ったものです。あのシーン、何度見ても飽きないとまつこ思います。是非映像化されて欲しい1場面。

そしてコウイチとヤラが対決する1幕後半の楽屋のシーン。あそこがミュージカル調のセリフになったのは前回からでしたっけね。あそこを相方は「セリフの方がよかった」といってたんですがまつこは今の方がいいと思ったんですよね。
あのシーン、緊迫したシーンではあるんですがどーにも間延びしがちというか単調な感じがしなくもなかったので、2人の心情を音楽に乗せた方が見ている側はすんなり入り込むような気がいたしました。ただ音楽はもう少しいい感じにして欲しいな~ってのはありましたけれど。
あとね、数年前に気づいて感心したのが2幕前半シェイクスピアの舞台に出てくるコウイチの照明がヤラよりも少し青みがかった感じなんですよね。
いかにももうこの世に存在しないという感じがするというか、ヤラとは違う世界にいるんだってのがはっきりとわかるんです。ヤラと2人で踊るシーンを見ているとその照明の違いがはっきりわかって、隣で踊っているのに違う世界にいるような不思議な空間がそこにはあります。そして毎度切なーい気持ちになるんですよねぇ



・・他にも色々思ったことがあったはずなのに2-3日経ってしまった今大半を忘れてる(爆)それでも前回の観劇時ブログで書き忘れたことだけは今回忘れてませんでした!
最後のCONTINUEの場面、あそこでリカやヤラや他の出演者たちがソロで歌う場面、途中からコウイチがそれぞれのソロにハモって入って来るんですがそのコウイチの存在にヤラだけが気づいているっていうシーン。
これがねぇ!
長年SHOCKを観てもう泣くこともそうそうあるまいと思っていたまつこに再び涙させた場面なのでありますよ。
コウイチはこの世にいなくなってもいつも側にいるよ、ステージにいるよっていう、演出家様shineのメッセージがひしひしと伝わってきてですね、もう泣かずには居られないのですよ。
これで泣けなきゃ光一ファンが廃るってもんですgood
最近ではここで毎度毎度泣いてますよ。まつこ、自分が涙腺ゆるい自覚はあるんですけどね、最近ではCONTINUEの音楽聞くだけで泣きそうになるくらいだから自分はいつからパブロフの犬になったかと思うほどにdog

まだあと数回観劇の機会がありますんで、また思い出したらおいおい書かせていただくとして、とにかくメモれよ自分annoyってのを心に刻みつけていきたいと思っております。

それと今回のパンフの仕上がりの素晴らしさにもヨダレ・・・いや涙を流しております。
久々のヒットですこれは。2冊買って一冊保存用にしようかなって思ってるくらい。
何がヒットかって光ちゃんの写真が!お手元にパンフお持ちの方は8頁あたりご参照ください

なにこのニクタイビ我が家に飾りたいんですけど

肉体が作り出す印影の美しいこと。
Fカップ(推定)の乳も惜しげなく披露されていてもうこれはガン見せずにはいられますまい。
でもムキムキ男にありがちなオス♂のフェロモン過多!ってわけじゃないのがこの画像の素晴らしいところ。
首の女性的ともいえる細くて長い曲線と横顔の繊細なラインが♂フェロモン過多を抑えてむしろ性的なものを全く感じさせないといいますか。
語彙が不自由なまつこなので上手に言えないんですがもう色っぽいとかセクシーheartとかそういう次元を超えている。
もはや芸術作品としかdiamondまつこがまた腐り始めたと思われるでしょうが今回は違う・・・ハズ

しかもね、このパンフはインタビューも結構充実しています。今回から新しくSHOCKカンパニーに加わった後輩くんたちについて語ってるんですが、それを読んでいたらもはやこの人は、この舞台はこの事務所における次世代の舞台人を育てる段階に入ったんだなぁとしみじみ感じましたよ。
もちろんヒガシ大先輩のお言葉も読んでいてちょっと感動しました。これほどまでにこの人が光ちゃんのことをわかってくれているとは、って今更ながらに。

そういう諸々含めて今回のパンフは買いだ!と思うまつこでございます。

他にも色々語りたいことはたくさんあるんですけどね。
今朝のめざましTVのことも書かなきゃいけないしまだ先日のブンブも書けてないし。
でもSHOCKの感動が薄れないうちにブログ書きたかったんですよ。だってほら、もうすでに色々忘れてるし(爆)
現に感じたことの半分くらいしか書けてない感じはしているんですが今日はもう限界なのでこの辺で就寝させていただきたく。

なんせこないだの日曜この年でマラソン大会出ちゃって。取引先主催のイベントに駆り出されました。
まつこ、運動神経には自信ありますけどいかんせん運動不足祟ったメタボ気味の体なもんですから5キロ以上走っただけでもうヘロッヘロでしたわ。
今日一日体が筋肉痛で悲鳴上げてました。ばあちゃんみたいにヨロヨロしてあっちこっちぶつかって。
ひとまず寝ることで体力回復させないといけません。
続きはまた。














« まつことブンブブーン (2月12日小日向文世さんゲストの回) | トップページ | まつことめざましテレビ「SHOCK密着」2月20日放送の回 »

まつこと堂本光一さん」カテゴリの記事

まつこと舞台&ライブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2307148/69672642

この記事へのトラックバック一覧です: まつこと2017「Endless SHOCK」2月18日夜の部:

« まつことブンブブーン (2月12日小日向文世さんゲストの回) | トップページ | まつことめざましテレビ「SHOCK密着」2月20日放送の回 »