2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Twitter

« まつことブンブブーン (2月5日BREAKERZゲストの回) | トップページ | まつことブンブブーン (2月12日小日向文世さんゲストの回) »

2017年2月 5日 (日)

まつこと狂言「万作を観る会 2日目」あんどくもんいくもんやらなにやら

衛星劇場様いつもありがとうございます。
お約束通り「万作を観る会」を放送頂きまして誠に嬉しい限りです。

でも冷静に考えるとこのタイトルどうなのかなって思うbomb人間国宝を観る会って凄いネーミング

ある意味「国宝を観ましょう」みたいな意図をふくんでるのかなっとも思いますがとりあえず2日目の放送です。

っていうか1日目は?飛ばした?それとも2日目先にやった?1日目は今週放送があるようですけど。

とにかく萬斎さんが保存できればなんでもいいまつこ。今回も高画質で撮らせて頂きました。
1本目は狂言初心者に優しい「棒縛」。萬斎さんと萬斎さんの甥っ子遼太くんがそれぞれ太郎冠者次郎冠者を演じておられます。
遼太くん、まちがいの狂言のDVDくらいしかあまり拝見したことがないのですがあの頃に比べるとかなり大人になりました。
やはり野村家のボーイズだけあってイケメンくんです。野村家の顔らしくなく彫りの深めな。
どちらかというと万作さんのお若い頃に似ているような気も致します。しかも声もイケボheart
遼太くんの狂言を見て思うのはやはりこの年齢はまだまだ伝統をなぞるのが精一杯なのかなという。
味とか個性とかがまだまだ出ていない、模範通りの次郎冠者のような。
それともお爺様やら叔父様やらがそういうのを出すのをまだ許さないのか(爆)
特に叔父様怖そうだもの・・・
やはり伝統芸能ってまずなぞることから始まるんだなっていうのはまつこよくわかってきました。
お手本通りにできるようになってからあれこれと試行錯誤できたりするもんなんでしょうか。

ちなみに棒縛は萬斎さんのお爺様である万蔵さんのものと4代千作さんのを観たっきりです。あとは萬斎さんのばかり見ていますが、このお三方皆さん個性派揃いなためどれひとつとして同じ太郎冠者とは思えないような出来に仕上がっていて(爆)
同じ番組の同じ太郎冠者を演じているのにこんなにも違う太郎冠者が出来上がるのか、と今更ながら伝統芸能の持つ深みをしみじみと感じたものです。

ちなみに萬斎さんの棒縛は20年ほど前のものと10年ほど前のものとを観たことがありますがこれまたどれも違う太郎冠者に思えますな。
特に酒を必死で汲もうと格闘するあの名場面。あれが特に顕著に相違があるように思えます。
それとこの番組で太郎冠者次郎冠者が酔って歌う「酒は元薬なり」という謳いはアレですね、のぼうが酒宴の席で歌ってたヤツですね。これ聞くといつもあの場面を思い出します。

しかしいかにまつこが萬斎スキーでもですね、この会に置いては萬斎さんも前座なのですよ。そう、主役は万作先生でございますdiamondということで2つめは「楢山節考」。

この楢山節考はドキュメンタリーで万作VS萬斎でバチバチやってたアレですね。
ちょっと、いやかなり見てみたいと思っていたから今回この番組で見られて嬉しゅうございますclub
さすが万作先生、セリフが全くないのに捨てられた老婆の心の動きが伝わってきます。
そして萬斎カラスくん。shadow登場するなり

「〇X▲K←!!!
うきゃー←なんと言ってるのか聞き取れませんがある意味奇声的な(爆)


萬斎カラスくん、あたふた右往左往する人間模様を上空から悠々と眺めているようにも見えます。
「人間ってシガラミ多くてやっかいだねぇ」(カラス語)みたいなね。
そして山に一人残された老婆がね。白い着物をかぶせているだけなのに雪に埋もれていくように見えてこりゃすごいと妙な感心をする。
いやそれよりもやはり万作先生の素晴らしいこと。淡々としているようにも見えるし生きることをあきらめているようにも見えるし。苦悩する息子とは対照的に至極落ち着いた様がとにかく物悲しさを増長させます。
誰もがこの舞台を見ると、もし自分の親を姥捨て山に捨てざるを得なくなってしまったら、ということを考えると思うんですよ。そして切なくて涙が出てしまうと思うんですよ。
同時に現代に生きててよかったと己の幸せを噛み締めてみたりするんだと思うんですわ。

とにかく狂言には珍しく悲しいお話です。

というかまだござるの座のことも書けていないのに一番最近放送されたものからブログに上げてしまった。そうまつこは目の前のことから片付けるbell

とりあえずくもんいくもんのことは言及せざるをえますまい。
三番叟をきっかけにようやくプロとしての狂言師の道を歩み始めたらしい裕基くんが萬斎パパと一緒にご共演されておりますがその裕基くんの線の細いことったら。
というか首ながっキリンかbomb

先が楽しみだなぁ。おとんみたく色んなドラマとか出てくれたらいいのに。

でもおとんが許さなそうだrockオトン、怖いんだもん

ということでござるの座についてはまたおいおい←お前がおいおいだよannoyという誰がうまいこと言えと、的なツッコミが皆様から聞こえた気がしましたが聞こえないフリします

« まつことブンブブーン (2月5日BREAKERZゲストの回) | トップページ | まつことブンブブーン (2月12日小日向文世さんゲストの回) »

まつことTV番組」カテゴリの記事

まつこと舞台&ライブ」カテゴリの記事

まつこと野村萬斎さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2307148/69497271

この記事へのトラックバック一覧です: まつこと狂言「万作を観る会 2日目」あんどくもんいくもんやらなにやら:

« まつことブンブブーン (2月5日BREAKERZゲストの回) | トップページ | まつことブンブブーン (2月12日小日向文世さんゲストの回) »