2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Twitter

« まつことブンブブーン(3月5日佐藤勝利くん&橋本環奈ちゃんゲストの回) | トップページ | まつこと「MANSAIボレロ」チケット予約開始日 »

2017年3月12日 (日)

まつことブンブブーン(3月12日林家たい平さんゲストの回)

本日はめずらしく船橋におられるお二人。
光ちゃんが昔この辺に住んでいたっていうのは何かのインタビューで読んだことがありましたが西船だったんですねー。
まつこも実は昔船橋に住んでおりました。今でも船橋に友人がいてよく行きますしね、何かと縁がある場所でございます。ららぽーともイケアもついでにコストコ一号店がある幕張もよく行きますですよ。
しかもこの船橋市民ホール、つい先日萬斎さんの狂言を見に訪れた場所でございますよ。
ああ、あそこか!って今ちょっとびっくり。あんなマイナーなところにスーパーアイドルのお二人が訪れてくれようとはね。驚きです。

ということで本日のゲストは林家たい平さん。
なんですか最近落語ブームなんですかね。この方もよくテレビでよくお見かけするようになりました。
落語の世界もフレッシュになったといいますか、古典芸能もやはりこういうお若い方がどんどん前に出て人気ものになってくれるとその界隈も賑わいますよね。
まつこなぞは最近狂言なんかを見るようになったから尚更思う。
やはりね、古典芸能はどれだけ若い人に見てもらえるかってことが大事だと思うんです。
若い人に見てもらうためにはまず興味を持ってもらうことから始めないといけないわけですが、そうなるとやはりTVや映画という媒体を避けては通れぬ話になるわけですね。
まつこの好きな萬斎さんだって、萬斎さんが映画や舞台やTVに出ずに狂言だけやっておられたらまず間違いなく私はファンにはなってなかったし狂言なんかまず見に行ってないですからね。興味も湧かんかったと思う
狂言だけじゃなくて歌舞伎もそう、皆さんやはりとっかかりは違う媒体からって方が多いのではなかろうか。賛否両論あろうけれどそれが現代に生きる古典芸能の、生き残る手段のひとつではないかと。古い考えの人は否定しがちですけどでも次に残してゆきたいのならば現代に寄り添うことも必要不可欠だってのは認めないといかんと思うのです。
そういう意味では今のたい平さんのお立場っていうのはその最先端におられる方だなーというのはつくづく感じます。

で、本番前の師匠の楽屋で師匠にご用意していただいた着物に着替えるお二人。
光ちゃんなんかは着物似合うし、着物着せると色気が殺人的に増すからsagittarius過去何度悩殺されたことかどれだけ素敵なお姿になってくるのかしらとドキドキで見ていたのに

なんですかそのドピンク&スカイブルーのお着物spaガチャピンとムックか←いやそれは赤と緑

いや確かに光ちゃんは何を着てもお似合いですけどね・・・お着替えして数分、段々見慣れてきた自分にもやや驚きですが次第にカワイク見えてきた自分にはもっと驚き(目ぇごしごし)

しかもまつこ忘れてました。

お着物着せるとそれが乱れた時が見頃食べ頃だということをscissors

師匠の十八番、打ち上げ花火に挑戦した光一さんが立ち上がる瞬間、全国、いや全世界の光一ファンは見逃さなかったはず。

お乱れになった足元をそそくさとお直しになるそのお姿をshine


なんでだろうか、着物ってきちんと着ている時より少し乱れたのを整える姿の方が美しく見える時がある。ましてやそれが光一さんともなると美しいというかエロいというかupせっかく整えなおしたおみ足をガバチョと再度御開帳したくなkudhixkguグブホベkッ

そんな美味しそうな素敵な光一さん、たい平さんの舞台のお手伝いとして高座返しの大役を仰せつかることになりました。
仰せつかったついでに華麗なターンをお決めになる光一さん、さすがです。しかもお美しい。しかしまつこはそんなお美しいターンそのものよりもお乱れになった足元が気になってしまいましてねsun3回ほどリピート再生したりなんかしちゃいました。
でも、でもですよ、その下に履いてる見せパン的な履物が少々無粋だと思うのです。や、少々ではなくてかなり邪魔ですannoy
若い子ぉらが短いスカート履いてるその下に見せパン履いてた時の殿方のがっかり具合を今理解したまつこ

でもやっぱり和装はいいですね。お着物はいいですね。エロスがありますねdiamond
着物ってただ着ればいいってもんじゃあなくてやっぱり着こなせていないとどーにもだらしない感が出まくってしまうものなんですが、光一さんに関してはどれほど乱れていようとそのだらしなさ感ってのは全く受けないのが不思議です。あんな和装に不釣合いな茶髪なのに(爆)
それはやはり彼の持つ生まれながらの気品diamondがそう思わせると言っても過言ではありますまい。それはファンの贔屓目だけでは決してないと思う。そう思う。

なんだかんだいってるけどやっぱこの人の着物姿エロいなってのが結論punch

それにしてもキンキくんたちに客席の皆様が気づいておられないようだったのが驚きです。ツイッターでこの席をご覧になったらしい方のツィートを拝見しましたが「なんかイケメンくんがいるheart」と思われただけだったようで。
そりゃあまさか天下のキンキキッズがあんなことをしていようとは夢にも思いますまい。

そして最後、たい平師匠が高座に上がって落語を披露されている姿をじっと見ている光ちゃんのお顔が尊敬に満ちています。
「落語に対する見方が変わった」という言葉も口からでまかせのものじゃあないことがわかります。
光ちゃんのこういうところがまつこは好きなんです。ありとあらゆる職人芸をリスペクトして止まない彼の素直な心根が素敵だと思うのです。
大人になるとこういうのって難しいんですけどね、そういうところサラっとやってのけてしまう光一さんがとても素敵でございますdiamond

さてそんな光一さんの舞台・SHOCKのサントラが発売になるそうで。
音楽も楽しみですけどDVDはもっと楽しみですわ。あれもこれも見てみたいと今から鼻の穴膨らませてdashおりますが、発売のその日をいい子で待ちたいと思います。snow

« まつことブンブブーン(3月5日佐藤勝利くん&橋本環奈ちゃんゲストの回) | トップページ | まつこと「MANSAIボレロ」チケット予約開始日 »

まつことTV番組」カテゴリの記事

まつこと堂本光一さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2307148/69899536

この記事へのトラックバック一覧です: まつことブンブブーン(3月12日林家たい平さんゲストの回):

« まつことブンブブーン(3月5日佐藤勝利くん&橋本環奈ちゃんゲストの回) | トップページ | まつこと「MANSAIボレロ」チケット予約開始日 »