2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Twitter

« まつことブンブブーン(2月19日トレンディエンジェルさんゲストの回) | トップページ | まつこ「花の乱」を見る »

2017年3月 4日 (土)

まつこと「関ジャム完全燃SHOW」 2月26日 光一さんゲストの回

なんだか近頃立て続けに密着ものが多くて、しかも結構中身に深く食い込んでるものが数多くて、いつになく舞台裏にOPENな光一さんに一体何があったのか!?と思わずにはいられない。
もちろんファンの我々にとってはありがたいことこの上ないですけどね。

さて実際この日は夜遊びしたため夜遅くに帰りライブで見たんですがかなり興味深い内容でした。帰宅して着替えやらゴハンやらなにやらしながら見るつもりがついつい手が止まって見入ってしまいましたもの。内容盛りだくさんというか、「え!そうだったの!」という情報が満載だったというか。

まずは冒頭SHOCKの説明から、光一さんが主演だけでなく脚本・演出も担当しているというくだりでサバンナの高橋さんが「え!そうなんや!」と驚かれていましたけどホント世間の認識ってこんな感じなんですよ。多分この人が裏であれこれやってることを知っている人ってそうそういない感じすごくしませんか。
そりゃあね、表向きジャニーさんが脚本と演出ということになってますから知ってる人って少ないってことになっても不思議ではないんですがそれにしてももうょっと声を大きくして世間様に伝えてもいいんじゃなかろうか、って思う時あります。実際「なんでこんなに素晴らしい舞台を作り上げておきながら自分の名前を表に出さぬのだannoyおしりペンペンだぞ」と一人おこぷんしていた時期もありました。けどこの放送を見て「(ジャニーさんの名前を出すことで)ジャニーさんの名前を傷つけちゃいけないという免罪符になっている」という旨のご発言、なるほどなぁと納得。まつこが浅はかでございました。反省してみたりする。
でも免罪符って使い方違うような気がしないでもないけど可愛いからどうでもいい←

そもそもジャニーズ事務所という会社はウエストサイドストーリーを見て感動したジャニーさんがあんな舞台を日本でも作りたいと思って立ち上げた会社だったらしいですが、そのせいか舞台に関しては常に色んな挑戦をしているなとは感じます。ジャニーさんの「お客さんをあっと言わせたい、驚かせたい、楽しませたい」というシーンは随所にあって、そのアイディアにもほえーと驚くことがものすごくあります。ありますがなんせストーリー二の次であれこれやりだすから話がめちゃくちゃになるというのは誰もが認識している事実であり(爆)そう、光ちゃんでさえも
SHOCKなんかその最たるもので、ミレショの時にはストーリーの辻褄が合わずに皆で帰り道議論していた覚えがありますね・・・。あれはこういうシーンでしょ?え?違うの?なんで兄さんはコウイチが必要としている時に出てこないの?なんで花が空から降ってくるの?cherryblossomボテッ、と地面に刺さるアレです
確かにジャニーさんは優れたアイディアマンだとは思いますが演出家として、脚本家としてはいかがなものだろうという疑問はありました。でもそのジャニーさんの意思を受け継ぐ形で、ストーリー的にも演出的にもブラッシュアップされたのがこのendless SHOCKなわけです。ジャニーさんのアイディアと意思、そして光ちゃんの舞台人としての論理性が合わさって初めてこの舞台は世間に認められる素晴らしい舞台になっていったのではなかろうかと思っております。

しかしながらこの回、昼公演終わってからの収録だったようで、周囲はもちろん見ているこっちもΣ( ̄ロ ̄lll)まぢかっ、と驚いてしまう。相変わらずタフな光一さんです。
そんな光一さんが明かす舞台の光(舞台に立つ人)と影(舞台裏)のうちの今回は影の方にスポットを当ててみようという試みのようでして。
最近こういうの多くてありがたいなぁと思う。やっぱね、ファンとしては一般視聴者の方々に華やかな舞台の裏の苦労も見てもらいたいと思うではありませんか。

その舞台の裏側その1、「ただ飛べばいいわけじゃないフライングの秘密」。こちらはですね、「出演者」としてのプロフェッショナルな姿が見られてまつこは大興奮です。
フライングのリハーサル中、フライングのレールを手動で操作するスタッフに

「ぜんっぜん勢いない」←きっぱり
「疲れてるなら休んだほうがいい」


この淡々とした言い方がねぇ!たまらんのですよ!萌えーーー萌えーーーー(*´▽`*)
突き放してるわけではない、怒ってるように聞こえるわけでもない、けど「大丈夫?休む?」と馴れ合うわけでもない。
素敵です、座長。その口調で淡々と詰られたいですrock
こっちは自分のやることやってるんだからそっちもやろうよ、と激を飛ばしているようにも聞こえます。これぞまさにプロフェッショナルの流儀diamond
なかなかこういう姿勢って難しいと思うんです。ともすると独裁的にもなるし恐怖政治にもなりかねない、紙一重のところ。かといって和気あいあいとやるのもなんか違う。仕事なんですしね。

そして本でも光一さんが語っていた、「とあるスポーツ競技をヒントにした」というフライングが優雅に見えるコツ。
ナイショheartとかなんとかかわゆらしいこと言って答えは本の中では語られませんでしたが結構の割合で答えはフィギュアスケートだってことはみんな気付いていたような気がしないでもないんですが←身も蓋もないとはまさにこのこと
だって優雅に流れるように回る、っていったらそれしかないもん。だから特段秘密にするこたなかろうよ光一さん、とちと思ったりなんかしちゃったりなんかして。
とにかくこの本でもこの番組でも彼の言動はブレません。全ては美しさdiamondのため。そしてそれは「舞台として成立するため(商業となりうるため)」につながるわけです。
そう思うと彼って決断も潔いんじゃないかって思います。「どっちにする?」という選択時、時間をかけようとかけまいと決めたらきっぱりはっきり、って感じがします。
なぜなら舞台の目的意識がはっきりしている人は優先すべきものがわかってるからなんですよね。

ちなみに光一さん、2階の正面に降り立った時目の前のお客さんが驚いてのけぞった、と話されておられましたがそのうちのひとりは間違いなくまつこでありますdiamondギャッで声上げたような気も
でも光ちゃん「ファンも逃げるんだ・・」っておっしゃっておられましたがまつこは違うよ!
SHOCKで前方真ん中席だったりすると落ちてきたらいつでも受け止める心構えでおりますよ。
いやむしろ「さぁ来い!dash」と両手を広げて待っているかもしれない。
「いややぁ、落ちたないぃ~怖いぃ~sad」って光ちゃん叫びながら落ちてくるかもしれんけど怪我するよりよかろうて

っていっこめでこんなに長く語ってしまいましたsweat02
2つ目は演出家としての光一さんに焦点を当てておりました。
光一さんは「SHOCKってストーリーがややこしい」と語っておられましたがまさにその通りなんですよね。多分ジャニー演出にツジツマを合わせていったらそうなっちゃったんでしょうけどsweat02
その中でのヒナの「正直初演の頃はちんぷんかんぷん」がね、多分大多数の代表の意見だったと思うんですよね。「よう言うなぁ」「勇気あるなぁ」という背後のガヤ声多数
いやでも「やってる俺らもちんぷんかんぷん」というセリフはどうなのか光一さん。
でもそんな正直なアナタがいいと思うのheart
その後ジャニーさんのすごさを例に挙げて自分が演出するに至った理由をご説明されておりましたけど早い話がちんぷんかんぷんな演出はもう嫌なんじゃあannoyおれにやらせろや!っていうことですよね光一さんscissors

いやでも真面目な話(真面目じゃなかったわけではないのですが)夜の海でジャニーさんと衝突したという話、「一度ここはぶつかっておかないといつまでたってもジャニーさんを超えることができない」と思ったというあたりがものすごくまつこ自身の過去の色々と重なる部分があってなんだか胸が痛かったです。まつこがそれで失敗してしまったときのことをね・・・なんだか思い出してもーてsad

一度ぶつかって対立して、結果として自分が貫き通したことを認めてもらわないとこの先いつまで立っても「ジャニー演出・脚本」のままなんじゃないかって思ったのではないかというのがまつこ個人的な意見ではあるのですが。
早い話が「ジャニーよ、俺を認めろ」ってことですよねってちょっと思うんですけど。
なんか色気もなんもない言い方だけどどんな言い方してもまとめるとこういうことだと思うです。
そのへん多分計算してるわけでもない、直感で行なってるとは思うんですがそれだからこそこの人ちょっと恐ろしい、と思う瞬間でもあるのです。
結果ジャニーさんは光一さんを認めざるを得なくなったとまつこは理解していますが、そこまでを直感で感じ取ったこの人の勝負勘のよさというかここぞというタイミングのとりかたの素晴らしさというか、光一、恐ろしい子((((;゚Д゚))))といわざるを得ない。
仕事でもなんでもこういう勝機を見分けるのが天才的にうまい人っているんですよねぇ。羨ましい程に的確でねぇ。
多分戦国時代だったら相当名のある武将になっていたに違いない←

あとはあの事務所の他の舞台についてあれこれやってましたけど正直そのへんあまり興味はないので早送りさせていただきまして(爆)
関ジャニと光一さんのセッションですよ。Slave makerですよ。

なんじゃこら、えらくカッコイイheart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04heart04

光ちゃんもかっこいいが関ジャニもかっこいい。
男ってやっぱりカメラを意識してカッコつけている時よりも何かに真剣に没頭している姿の方がかっこよく見えると思うんです。そういう意味で関ジャニの皆様、楽器演奏に必死でおられて(爆)でもその様子がかっこいい。錦戸くんと光ちゃんのツーショなんかもうたまらんかったですよ、うっかり直視したら妊娠しますよpenguin

かと思えばこの上なく愛らしい両手でお手振り光ちゃんがup

もうかっこいいやらかわいいやらキレイやらわけわかめ。
冬と夏が毎日交互に来ちゃって風邪引いてまうがなゴルァannoy的な←

とにかくひさびさにかなりヒットな番組でしたね。いいとこ突いてくれたわ~という感謝の気持ちで一杯です。
その感謝の気持ち故見てください、こんなに長々としたブログになってしまいました。
ということでこの辺で。

« まつことブンブブーン(2月19日トレンディエンジェルさんゲストの回) | トップページ | まつこ「花の乱」を見る »

まつことTV番組」カテゴリの記事

まつこと堂本光一さん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2307148/69807165

この記事へのトラックバック一覧です: まつこと「関ジャム完全燃SHOW」 2月26日 光一さんゲストの回:

« まつことブンブブーン(2月19日トレンディエンジェルさんゲストの回) | トップページ | まつこ「花の乱」を見る »