2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

Twitter

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月30日 (日)

まつことブンブブーン(4月30日三戸なつめちゃんゲストの回)

本日はお台場ヴィーナスフォートからのブンブブーン。
やれお台場だ海浜公園だヴィーナスフォートだって言うとアレを思い出して少し涙ちょちょぎれちゃうのはまつこだけでしょうか。
そう数年前のJフレカウコンチケット争奪祭りですよbombそんな名前ではなかった
もうこの辺をうろつくたびに思い出す、あのさむぅーい中何時間も並びあちこち行かされくじを引かされ。
あの頃地方の光ちゃんファン友にお願いされあちこちに並んだんですわ。
光ちゃんファン友に託された抽選券の数、全部で7枚。少なくとも3箇所に並んだ覚えがあります。
で、確かくじを引かされてあたったらまた最後並ばされてチケット引き換えだったよーな。
まつこ、いつもはくじ運そんな強くないくせに引いた抽選券全部当たったという運の無駄遣い振りを発揮し。
しかもそのチケット交換は厳寒の冬最中水の入ってないプールの中に延々と並ばされ、ひたすらJフレのシングルをスピーカーで聞かされるという。

未だにあのへんを通りかかると一種トラウマのように頭の中にあの曲が駆け巡る。

げっぜー♪・・・げっぜー・・・♪げっぜー・・・♪げっぜー♪・・・ヤッホー(違)


( ´;ω;`)ブワッ

今でも思う。
あれをやる意味はどこにあったのかと・・・。
でも確か7枚全部アリーナ花道横っつうチケットと引換えてもらって地方の友人たちにそれはそれは感謝された覚えがございます。

まぁそんな辛い思い出のお台場ですが本日のキンキくんたちも極端に身長差があっておばちゃんびっくり(;゚Д゚)!

光ちゃん育ってる?horse
おっきくなってるよ!

多分光ちゃんヒールのある靴履いてるんだとは思うんですが近年稀に見るきんき身長差でのっけからびっくらしました。
本日のゲストは三戸なつめちゃん。CMで良く見る子です。
普段テレビを見ないまつこも知ってるくらいインパクトのあるCMに出ている子で、さすがの光ちゃんもご存知でした。
なつめちゃんは今日はキンキとクレーンゲームが上手くなりたいということでお台場のゲームセンターに。
最近のゲーセンはホントクレーンゲームがスペースの大半を占めていて、いつもチャレンジしたいと思いつつもそれゲットできたところで持って帰るの邪魔じゃね?てか家のどこに置くのさ?という現実的な言葉が脳裏を過ぎっていつも見ているだけで終わっているのではありますが。
そーいえば先日房総にドライブ行ったら漁港にサザエgoodのクレーンゲームあってびっくらしましたケドも。

まず3人が向かったのはなつめちゃんが欲しいというリラックマのクレーンゲーム。
リラックマといえばここでも何度か私主張しておりますが、キンキの王子様の方にそっくりだと思うのですdiamond
可愛らしく愛くるしい容姿のくせにいつもだれ~っとしてて、着ぐるみ脱いだら中にはおっさん(という説がありますけどホントはおっさんとは公式のどこにも書かれてないそーですが)

リラックマ=堂〇光▲
なぜ伏字にするのかって意味はないけどなんとなく

という方程式がまつこの中にあります。
リラックマ、取って欲しかったなー。かわゆらしいリラックマを抱えるもっと愛らしい光一さんheart

想像しただけで鼻血でますshineあ、また(プププ)


とはいえシロート3人が頑張ってもなかなか上手く取れず、ここはプロの方に教えていただこうということになりまして。
というかプロクレーンゲーマーなんて方がおられるとは。是非お友達になりたい
このプロの方となつめちゃんが関西の方のせいか、それとも生まれ持ったゲーマーの血が騒いで夢中になっているせいなのか、本日の光ちゃんはとっても関西弁丸出し。おかげで光ちゃんの関西弁が大好物のまつことしてはとってもお得感満載up
プロの先生にちょろっと教わっただけですぐにお昼寝枕をゲットしたなつめちゃんもすごいと思うんですが、それより
「ところでこれなにぃ?up←このアホの子っぽい聞き方もまた可愛いったらありゃしないannoy
とピンクのふわふわマイメロちゃんを手にした時の光ちゃんの破壊力ったらもう
鼻血どころじゃ済まない。なんか色んな液体出るきにwine

かわいいものxかわいいものってもう最強だなぁ。勝てないわ何に勝つ気なのかはアレですが

このクレーンゲーム、王子は非常にお気に召したようで「意外に頭使うんやねーおもろいわぁ」といつになく乗り気なご様子でのロケ。
確かにプロの先生にアドバイスもらい、練習を数分やっただけで難関の箱モノが取れるようになってるとあればもう即ゲーセン行って試したくもなるというもの。
でもこのクレーンゲームってあれですよね。かぽーがトライして男子が女子のために取って上げるってとこに萌えポイントがあるわけで。
光一さん、女子にお願いされても取ることに必死になりそうです。
しかも取れなかったりしたら負けず嫌いがむくむく顔を出して1万くらいつぎ込み、いい加減見ているのにも飽きてきた女子に「・・・まだやんのかよannoy」と呆れられそうな気がしないでもありません。

悲しいことにこれ多分遠くない想像good

2017年4月23日 (日)

まつこと「endless SHOCK Soundtrack 2」

SHOCK Soundtrack2が出ました。
私、ものすごいサウンドトラックマニアなので大変嬉しいです。マニアって書くと変人みたいに聞こえますけど、早い話が感動した舞台とか映画とか、その音楽をまた聞きたい!と思う気持ちが強いのです。
私個人的には名作だと思っているSTとしては映画版はトップガン、パルプ・フィクション、美女と野獣、舞台版はウエストサイドストーリー、CHICAGO、オペラ座の怪人があります。
光一さんも付録のDVDインタビューで語っておられる通り、STの良さって映画や舞台のあの名場面が一度に蘇ることなんですよね。現に今回のSHOCKのSTを聞くたびに蘇ってくるのはあんなシーンやこんなシーン。
特にSHOCK病のまつこにしてみるとそのあとに続くセリフまで出てきます。

・・・・え。皆さんそうではない?ear

いや、そうですよね。SHOCK病の皆さんきっとそうですよね←思い込み
まつこ同様SHOCK病のKとはいつもSHOCKのセリフを言い合って遊んでたりしてます。
「これはなに?」とまつこが言えば「杯だわ」とKが言うchick
そこで終わればいいけど結構延々続いたりする。ちなみにKはあまりにもアンダルシア見すぎて結構上手に踊れます。人って同じものを見ていると自然体が動くもんなんですね。
2人でスペインのアンダルシアに行った時ホテルでKがジャケット口に銜えて踊りだしましてね。その完成度の高さに「練習積んだのか!?」と思ってしまいましたがさにあらず。Kはただ何度も観ていたから自然に体が動いてたんですって。ある意味アンダルシア病です

・・・・話がそれましたがつまりはサントラって聴いてると映像までもが思い浮かんできて、同時に感動したあの気持ちというものも呼び起こしてくるので普通の音楽とはそこがちょっと違う気がします。現に光一さんも先日のめざましのインタで「舞台見に行ったついでに勢いでサントラを買ってしまう」と言っておられましたがその感じ、すごくよくわかりますよ。
まつこも何度勢いでサントラ買って後悔したことかdollar
ちなみに今回サントラにMUGENが入っているのが嬉しかったですヽ(´▽`)/
MUGEN聴いてるともう舞台の感動が蘇ってきてしまいましてね。コウイチが自分の死を受け入れ、魂の全てを込めて舞台に賭ける、その思いと気迫が伝わってくるこの一連のシーンまつこは大好きで、その曲となるともう聴いてるだけで泣きそうになってきます。

で、付録についていたDVDのインタビューです。
どこのNo.1ホストですか?bellって言いたくなるようなスーツを着ておられる光一さん、とっても素敵なのですが黒髪好きな私としましてはそろそろ髪の色を黒くしていただきたいと思う。でもホストにしては品がありすぎる

インタビューで光一さんが語っていたのは「サントラって聞いていると情景が浮かんできてどこか儚い気持ちになる」らしく、その感じが好きなんだそーで。
説明難しいけど、と言ってましたが、なんとなくわかる気がします。
舞台ってライブじゃないですか。一瞬のものじゃないですか。その舞台を観てその時感じた感動を思い浮かべるっていうのはある意味昔のよかった時を思い出す老人の気持ちにも似て(爆)
ああ、あの時泣いたよなぁ、とか、あの時ワクワクしたなぁ、とか、夢中になってその舞台に入り込んでいた時の自分の心境を懐かしく思い出すというか。光一さんがそういうつもりでこの言葉を口にしていたかどーかは定かではないですが、まつこはそう思うのであります。

明日からの通勤時間のお共に聞きたいのですが、途中涙ぐんでしまったら恥ずかしいと少し思う。
MUGENは通勤時には避けよう

2017年4月22日 (土)

まつこと王様のブランチ&その他ZIPとかめざましとかサントラ宣伝系

SHOCKサントラ発売とともにあちこちで宣伝活動されているのでなんだかお得な気持ちになる今日このごろ。
つい昨日はZIPとめざましにもご出演されていました。
めざましは特にこれといったもんはなかったんですが(めざましくんをギューしている姿には萌え死にしそうになりましたが)おもしろかったのはZIP。今回サントラでデュエット曲を収録している神田沙也加ちゃん。
彼女の発言がまつこ楽しくて面白くて。
「光一くんの歌に合わせるのは私が世界一上手いdash
とか、なかなか言えるセリフじゃあないぞ、と。だって彼には相方が(爆)
その発言に全くもって反感やらマイナスイメージはなくってむしろ「そうかもしんなーい」と納得してしまったわけですね。
歴代リカの中でも1,2位を争うほど光ちゃんとのデュエットの息があってたんじゃないかなと私個人的に思ってるんですけど。
また沙也加ちゃんって歌が抜群にうまいのに自分が自分がと前に出る歌い方を決してしないですよね。出過ぎないしでしゃばらないしかといって遠慮して引いる感じもない。あくまでも光ちゃんを立てて光ちゃんの声を引き立てるために光ちゃんに息を合わせてる感がものすごくする。
実際サントラ聞いてみたんだけど、もちろん沙也加ちゃんより歌のうまい子はいるにはいるけど、座長様との呼吸感っていったら沙也加ちゃんが一番かなぁと。聞いていて本当に心地よい。堂本兄弟でアナ雪の曲をデュエットした時も思ったんだけど、この二人の声ってとっても聞いていて気持ち良いですよね。すごく息があってんなぁと感心したけど今思えばそれは沙也加ちゃんが合わせてくれてたのかなとか思わなくもありませんがそれにしても歴代リカちゃんの中でもピカイチで、この発言もうなずける。
もちろん光一さんも同じように感じていて、だからこそONE DAYという、劇中で最もコウイチとリカの関係性を表す曲を沙也加ちゃんに託したんだろうなと思うのであります。

それにしても光ちゃんの下ろした前髪に萌える沙也加ちゃんが、最近よく光ちゃんがしている前髪を上げるスタイルを快く思っていなくて、某TV番組収録時一緒になったときには舌打ちされたshadowってのがまたたまらなく好きなエピソードscissors沙也加ちゃんナイス。まつこも同意見だじょ

さてそのサントラについているDVDについてはまた別の機会に書くとしましてもうひとつの宣伝番組、王様のブランチへのご出演です。
まずはこの番組出ると聞いた時の一抹の不安ったら。
だってこの番組ほど光ちゃんと合わない番組なんてないし。
だって今流行りのものとかグルメとかタレントとかそういうものを取り上げる番組なわけじゃないですか。ほらもう聞いてるだけで光ちゃんとの類似点が見つからないbomb
挙句「堂本光一とめぐる日本初上陸!ニューオープンごはん」って聞いた瞬間、ああ、T〇Sやってもーたなと。
あの人に食レポさせたらアカンって何度言ったらエンドレスpen

そのまつこの期待を裏切ることなくグルメや日本初上陸店に「興味ない」と言い切る光一さんブランチ形無し
「大してうまくもないものを『おいし~heart』とか言ってるヤツらを見るとイラッannoyとする」と暴言を吐き、英里子ちゃんと夏帆ちゃんを慌てさせる。
この時点でこの2人の女の子の脳裏には「この人出して大丈夫なの?sweat02という言葉が過ぎったに違いない。
「正直なんですね」と聞いてくれた夏帆ちゃんがとっても大人に見えた。大人げないアイドルなんですこの人
しかしそこは光ちゃんもやりおる、と思うのはこういう人が「うまいー」と言えば真実味があるというもの。なんだかんだ言うてお店の食事をメタクソに言うことはなかったり、しますしね。

そんな光ちゃんたちが最初に向かったのは明治神宮に出来たというフランスのモッツアレラサンドイッチのお店。そこで謎の飲み物を口にして「これなんだろーなー」「嫌いじゃない」「何かに似てる。なんやろな」と散々視聴者を焦らした挙句「気になったら飲めbell

・・・・・・・・・。

ちゃんと説明せんかいannoy視聴者及び光一ファンを代表させていただきまして一言。
しかもこの番組、そんな光一さんの暴挙をフォローすることなくホントにどんな飲み物か説明せず次行きましたけど。この飲み物が結局なんだったのかわからず終い。ホント気になる。気になるよ!一度行って飲んでみたい。でもコイツの手に乗せられた気がして悔しいannoy

次は表参道ヒルズにオープンする予定というオーストラリア・シドニーに誕生したイタリアンダイニングへ。
というかそれはオーストラリア料理なの?イタリア料理なの?というまつこの愚問は置いておいて、このへんはまつこのアフター5エリアなのでちょっとびっくり。
来るなら来るって前もって言ってもらわなんと色々準備がだね

お店に入って「どうですか店内は」と聞かれた光一さん、「匂いが新しいsun
いやそこは雰囲気を答えるところだろうと小一時間。
しかも待ちに待った料理が目の前に並んでさぁ試食!って時に
「ちょっとコーヒー飲んでいいですか?」

自由過ぎるアイドル♂38ちゃい。可愛いことがお仕事ですdiamond

コーヒーよりパスタ先に食えよannoy(意訳あり)と夏帆ちゃんたちからもオーナーからも言われてんのに「これオイシイ!オイシイ!」とマイペースにコーヒーの感想を述べる光一さん。

もうこの辺から申し訳ない気持ちと可愛くてどうしようコイツめheartという気持ちが交差してですね。

でもこの人の言動が全て物語ってますよ。「うまい!」と「うめぇ!」しか言ってないのに本当にうまいんだろうなって気になるのが不思議。得なキャラクターです・・・。

次は池袋に出来たばかりのブルックリンのお店だそうで。
3件目の店で大丈夫かいな、と思ってたらやっぱり「お腹いっぱいなんだよねbomb
というまたまた自由なご発言を。そろそろ英里子ちゃんと夏帆ちゃんも慣れてきたのかさらっと「3件目ですからね」。アリガトね・・・

そこでグリッツというアメリカ南部料理が出てきてまつこはΣ( ̄ロ ̄lll)天敵や!
私ダメなんですよこれ。匂いだけでも気持ち悪くなる。
南部の人たちはこのグリッツをよく食べるようで、キャンプなんかに行くと必ず朝食はこれだったりします。実はまつこの元ルームメートが南部出身の子だったので、朝ごはん必ずと言っていいほどこれを食べてたんです。匂いがすごくて本気で勘弁して欲しいと思った。外で食えannoyと本気で思った。ちゃぶ台ひっくり返そうかと思った。
光ちゃんは「どこかで嗅いだことがある」「海外の匂い」といってましたけど私には家畜の餌の匂いにしか思えずsweat02好きな方いらしたら申し訳ない。
好きな人は好きみたいですが、クセがありますのでご注意をば。

それはさておき、3件頑張ってクリアした光ちゃんに拍手good
頑張って王子のマイペに付き合ってくれた夏帆ちゃん英里子ちゃんにはスタオベup

ちなみに放送後ツイッター開いたら「光一正直すぎww」とか「よほどうまいんだろうな」とか「なんか自由で面白すぎるw」とかとにかく好意的なご意見が多かったような。
まぁね、あれほど素直で自然なのって見ていて好感が持てますよね。

ってかウチの子なんだかんだ言ってちゃんと結果は残すんですよねscissors、といつもの光一バカを発揮しつつ本日はこれにて。

これからサントラ聞いてDVDみまっす。








2017年4月17日 (月)

まつこと「野村萬斎x真鍋大度 FORM」~3月31日放送の回

楽しみなような見たくないようなってな具合の葛藤が続きましたこの番組。
今年正月に上演したFORMのドキュメントでございます。

そうです、まつこが仕事のせいで最前列逃したあのFOARMですが何かannoy

番組見終えてやっぱり思う、生で見たかったなぁって。こんな幻想的な三番叟、なかなか見られるもんじゃあありません。
今や萬斎さんの十八番ともいえる三番叟と今をときめく世界的映像アーティストである真鍋大度さんがコラボした公演です。
そして番組ナレでも「萬斎さんのライフワークともいえる~」と紹介していましたが、その言葉は遠からずだなと思っていて、実際おとうたまの万作さんの代表作が釣狐ならば萬斎さんはこの三番叟になるのでせうか。
なんというか、伝統芸能の狂言をひとつのアートとみなし、世界に通用するものを目指している萬斎さんにとっては三番叟ほど言語の異なる人たちに伝えるのにこれほどいい共通語はないんだろうなって思うわけで。

そんな萬斎さんのヒストリーから始まるこのドキュメンタリー番組、なにが一番興奮したかって「花戦さ」の数シーンが流れたこと。しかもこれまで公開されているどのシーンでもない、初めてみるシーンばかりです。
いやぁ、今回もやっぱり変な人演じてるんですねやっぱりという感想のほかになにがありましょうかscissors

というのはいいすぎだけれど、所謂「普通の人」を演じさせるのはもったいないと思わせるのがこの人なんだろうなと思うんですけど。だってねぇ、普通の人だったら誰やったっていいわけじゃないですか。スキャナー的なのとか(ボソッ)
普通の人もできるんだろうけど、それじゃあ萬斎さんをキャスティングした理由がわからなくなってしまいそうだし。ホントそれじゃもったいないお化け出るわってな具合なんだろうと推察するんですが。

そしてありがたいことに三番叟の歴史というものも丁寧に解説してくださりました。
なんでも「日本最古の舞」ではないかといわれているそうで、古事記の天照大神を岩戸から誘い出すためにアメノウズメが踊った舞、それが三番叟の原型である、という説もあるらしい。
このあたりは萬斎さんがあちこちで語っておられるので予習済みでしたが、奈良の古い神社に伝わる三番叟の映像を見たときの衝撃ったら。
もはやこれは狂言で舞われるものとは別物になっているような。萬斎さんはこういう神事の三番叟を「泥臭い」と形容しておられましたがまさにその通りでね、我々萬斎フリークが見慣れているものとのあまりのギャップにかなり驚いてしまいました。
元々は神事で奉納されていた舞が狂言師によってひとつの様式美となり、それが受け継がれて今萬斎さんによってアートになりつつあるのかと思うと、その変遷を目の当たりにすることができた喜びってもんを感じましたよ。もしかしたら我々は現代風俗史においてものすごいものを見ているんジャマイカって気にさせられましたね。まつこが言うとなんか軽く聞こえて恐縮なんですがbell

そしてモジモジ萬斎さんが烏帽子だけを頭に乗っけた格好でモーションキャプチャーの撮影をされているんですが、これがなんとも微妙な。
萬斎さんってトータル的に見ると不自然な体型をしているというか、普通の生活を送る人はそういう体型にならんのではと思わせる、ナチュラルではない感がある体型なんですよね。
だからなんというか、モジモジ萬斎はとっても微妙shadowこれでも萬斎ファンなまつこ
ご本人も「変に見えない?」って聞いてるし。

ええ、確実に変な人に見えますねeye

亀梨くんが出てる見直し本舗のCMに出てくるオスしかいないちっちゃいおじさん族。あれに似てると思ったまつこ。

そのデータと萬斎さんが与えたキーワードを元に真鍋さんがあれこれデザインをしていくようなのですが、この萬斎さんのキーワードってのがまた抽象的な上に難解。いや頭のいい人とか想像力がある人には簡単なテーマなのかもしれませんけどそのいずれの才能にも恵まれなかったまつこには難解そのものでしかない。

「神視点」「宇宙の始まり・生命の始まりを感じる表現」「内なる宇宙・DNAを思わせるような空間」

・・・・・・・・・・・・・・・。

スイマセン、ワタシニホンゴ ワカラナイヨpenguin

クリエイターってすごい。こんな抽象的な言葉から色んな世界を広げていけるなんてねぇ。
更に真鍋さんという人のすごさを感じたのは萬斎さんが口にした抽象的なあれこれを的確に読み取ってるってこと。まつこなんか聞いてもよく意味わかんなかった
しかも萬斎さんが何気なく口にしたキーワードを的確に拾ってて、更に驚き。破壊と再生」って言葉でピンと来るってやっぱ頭の中が我々とは異なる構造になってるんだろうなぁって思う。
多分アーティスティックな人たちの間では共通言語があるに違いない。それってセンスの欠片もないまつこ的な人間が聞いたところで一発でわかるもんじゃないに違いない。
そうでも思わないとまつこ自分がとてつもないアホに思えて悲しくなるのでそういうことでup


そして出来上がった作品はやはり期待を裏切らないもので、見ているとまるで三番叟という舞いを舞っている間は観客共々違う世界に引きずり込んでいるようにも見える誘うなんて生易しい言葉ではございません。あれは引きずり込んでます

元々は神への貢物であったはずの舞が時を経て神とのコンタクトとなり、そして今神の世界にご招待されるようにまでなったのかってのが乏しいまつこの表現力で書ける精一杯の感想でありました。

そしてまつこは思いました。
じゃあたまに萬斎さんの言ってることが理解できずに小首かしげてたけど、もしかしてこれが原因なんじゃあなかろうか、と。違う言語話してるんじゃなかろうかってヤツですね
つまりは萬斎さんの言ってることが一発で理解できなかったのはまつこがアホなせいではなかったってことでいいですね?diamond
じゃそういうことで。

2017年4月16日 (日)

まつことブンブブーン(4月9日足立梨花ちゃんゲストの回)

一週間遅れで視聴しましたブンブです。
とにかくこの1週間バカみたいに忙しくてですね・・・四半期の予算見直し時期でしてね。
朝の3時までやって1日ホテル泊まりましたもの。うちに帰って寝て戻ってくる時間を考えたら少しでも寝た方がよかろうってなもんでね、ホテルで数時間寝てまた仕事って感じでした。
ま、そんなまつこ事情はいいからって声がちょっと聞こえましたけれどもでもやめません(爆)

衣装から察するにこの日三本目の撮影(爆)のコンドル剛くんと舞踏会お呼ばれ光一さんです。
で、本日のゲスト足立梨花ちゃん、普段TV見ないまつこがめずらしく知ってました。

アート姉ちゃんですね。ある意味キンキくんたちと競合する製品の。

そんなアート姉ちゃん梨花ちゃんはアニメ女子ってことで池袋でオタクカルチャーを満喫したい!ということらしいです。
過去アニメ女子だったまつことしては妙に親近感が湧きます。私一時期ワンピースやら進撃やらにハマってましてね、この池袋のアニメイトなんか日参してましたよ。
今でも我が家にはゾロのフィギュアが飾ってあって家を訪れた人々を引かせていますbell
進撃にハマってた時はおまけのキーホルダー欲しさにコーヒー缶買いまくってみたり。
そう、オタクって情熱的なのdiamond

そんな女子向けのオタクといえば光一さんの頭の中にはBL系しかないようで。でも結構あたっているといえばあたっている
確かにイケメン男子2人が出ているアニメなんてったらもうBL層に媚売ってるとしか。

っていうかキンキ自体がBL層を喜ばせるために存在しているアイドルとしか
bomb


イケメンアイドル2人組なんてもうそういう標的になっても何も文句言えなかろうとも思う。
中にはそういう扱いをすることを嫌う光ちゃんファンの方もおられること十分承知の上でちとビビりつつ書いてますけれども。

彼らが出始めた年の頃ってBLが市民権を得てきた頃というか、普通の女子が普通のBL本を本屋で堂々と買い始めた時期だったと思うのです。そんな時にこんなカワユスな2人組の男子が出てきちゃってしかもドラマでチューkissmarkなんかしちゃったりしちゃってたらもうそういう層を呼びよせるに決まってますしね。だってオタクですもの、オタクの気持ちはよくわかる。

それはともかく。
今おそ松さんが流行ってるのは知ってましたけど、ここまで流行っているとは思いませんでした。昔のおそ松くんと何が違うのでせうか??どうしてこんなに流行ってるの?
理由はわかりませんけど私の周囲でもおそ松さんが大好きだって人結構います。
その理由を聞きたいけれど一度聞いたらとめどなく話が続きそうで怖くて振れない(爆)


そんな梨花ちゃんは痛バが作りたいとのことでした。
確かに池袋や国際展示場界隈を歩いているとああいうバッグ持った子とすれ違う。あれ痛バっていうんだ、初めて知りました。
その材料が売ってるのはやはりオタク女子の強い味方、池袋アニメイトです。
楽しそうに痛バの材料を選んでいる梨花ちゃんを見ていたら自分があそこでウキウキしながらワンピのグッズとかトレカを買ってた自分を思い出しましたよ。楽しいんだよなぁあれ、ってね。
しかし店員さんにナイスな痛バアドバイスをもらい「それいい!」と目をキラキラさせて喜んでいる女の子に光ちゃんの冷たくそっけない「そうしなよ」shadow
いやアナタこういうの興味ないのわかっちゃいるけれどももう少し興味のあるフリだけでもできないものか。自分だってオタク気質のくせにオタクの気持ちに歩み寄ろうとしない自分勝手なB型男rockでもそこがいいと思う、光ちゃんならなんでもあり子のまつこ←

しかし剛くんのアイディア、梨花ちゃんが好きなチョロ松くん人形だけを前向き、他の5人を後ろ向きにするってのはなかなかアリ。というかこういうアイディアものになるとやはり強いのは剛くんだなぁと思う。

次に梨花ちゃんがしたいのは「ツキウタ。コラボカフェに行きたい」。
これもね、ワンピがよくやってんです。特に数年前にやっていたやつ、チケットもなかなか取れなくて梨花ちゃんと同じ思いを何度したことか。
そこで梨花ちゃんの好きなキャラコースターの上に飲み物を置こうとした光一さんに梨花ちゃんが発した名言。
『コースターだけどコースターじゃないんですsweat01
そうだそうだ!まつこ、光ちゃんファンだけどここだけは言わせていただく。
キャラコースターの上に飲み物を置くだなんてなんと非常識な!annoy←ここだけ読むとイミフ
そんなこと例え光ちゃんでもやったらそのかわゆらしいお手手をぺちん★です。そのあとナデナデ←

更に梨花ちゃん、応援上映を見に行きたいとのことでキンキくんたちと3人で映画館に向かいます。
近頃よく聞くこの応援上映、ちょいと前にシン・ゴジラの応援上映をやっていると聞きちょいと心が動きかけましたが実際この番組で映像を観て思いました。

行かんでよかった。shadow

正直映画は静かに見たいデス。
映画でも舞台でも、夢中で見ている途中で誰かが話しかけてきたらロビー呼び出してドロップキックですわshoe
キンキのお二人も多分同じように思ったはず、途中で出てきてしまってるし←ゲスト放置

でも無限ハグを必死で受け止めていた光ちゃんは可愛かった。
ゼンマイじかけのおもちゃみたいだったrun



2017年4月 8日 (土)

まつことMANSAIボレロ

先日必死こいて取ったチケットで行って参りました世田谷パブリックシアター。
なんだかんだとここの舞台を最近よく観に行ってます。とっても見やすい劇場なので大好きなのです。
本日かなり舞台前方の方のチケットではありましたが端っこだったんです。でも客席が舞台を取り囲むように放物線状に作られているので端っこでも全く問題なし。
これが帝劇だと端っこは悲劇を生むだけなんですが( ̄Д ̄;;

チケット争奪の激しさからなんとなく予測はできていたけど会場はほぼ満員、立ち見も出る盛況ぶりでございました。
皆様のお目当ては間違いなく萬斎さんのボレロなんでしょうしまつこもそうでしたが何気に狂言・唐相撲も楽しみでした。
DVDでは観ていたけど実際観るのは初めて、しかも華やかで楽しい演目なのでなんの気構えもなく楽しく拝見いたしました。

で、そのお目当てのボレロですが。
これまた私何度か見逃しておりましてsweat02三番叟同様このまま一生見られないんじゃなかろうかと思いつつあったので本日ようやく見られた喜びがまずひとつ。
まず萬斎さんが舞台から登場されてきたとき私は我が目を疑いましたよ。
なんか青年のようにも見えるというか、やけに若く見える。若すぎる。
このあとのポストトークでなんとなくわかったのはあれはとにかく無垢な少年に見えたんじゃなかろうかってことなんですけどね。無垢な少年というよりまだ性別が判別できないような小さな子供っていうのが正しいかもしれません。
踊っているのは確かに先日51を迎えたばかりのおじさんではございますがscissorsそこはまつこ勘違いしてない。大丈夫
まだ序章のボレロが流れる中、静かに静かに舞い、布の引きずる音だけがやけに耳に残ります。音がない世界ってホント視覚に集中する分見えるものがやけに鮮明に脳裏に残ります。
そして少しずつ楽器の音が増え、音が少しずつ主張を初めていくと舞台の上の世界が変わって行きます。少しずつ華やかになって、そして舞台の上の萬斎様もなんとなく成長していく感が。
何より何より無心に舞われるそのお姿の神々しいことdiamond拝みたくなるしお金投げたくもなるわって感じの。ついポケットの小銭をあさってしまったりdollar

しかも舞台の上の萬斎様は確実に何かと交信している感満載萬斎だけに(ポツリ)

何かの御告を受けているとしか思えぬその姿にただぽかんと口をあけて見入るばかりです。
そのうちお告げじゃあ~お告げが出たぞぉ~dashって言い出してもおかしくはない。
すいませんまつこふざけてるようで本気100%そうかもねなんですけどね

20分間、あっという間でした。ほんと一瞬の出来事だったようにも思える感じでした。
終わったあとの客席の拍手喝采のすごかったこと。私、舞台はよく観る方ですが客席からあれほどの「ブラボー!」が飛んでるの、あまり見たことありません。
客席にもあの何かに憑かれた萬斎オーラが蔓延したとしか思えないほど、客席もかなり興奮気味だったようにも思います。
それにしてもすごいものを観た、という感想しかありませんです。あれは確かにもう一度見たいってことになるよなぁと思ったです。

が。

本日のクライマックスは思いがけないところにやってきました。それはおいおい。

今回の公演は当初ポストトークは一回予定されていただけでしたが、つい最近全公演ポストトークが付くことになりまして。
実はそれも楽しみだったんですが。
ボレロ興奮冷めやらぬ中、10分ほど待たされましてポストトークが始まりました。
客席から萬斎さんが歩いてきたんですが息がまだ荒い感じでした。汗もダラダラでタオルでふきふきしつつ。トーク中ずっとしきりに汗を拭いておられたので相当な体力消耗具合だったんだろうなぁと思うと、もう一回休憩挟んだ方がよかったんじゃね?と余計な心配をするまつこ。
なんというか千秋楽大取り組みを終えたばかりの力士にインタビューする某N〇K様的な惨さを感じてしまったのでありました。ハァハァ言ってて何を言ってるのかよくわからないあの感じ

ポストトーク内容を書き始めると長くなってくるので割愛するとしまして、終わってからすぐに立ち上がったまつことNさん(今回見たいというので連れてきました)
ロビーへの出口は込み合っていたので少し列の最後で待ってたんですよね。でもふと隣見たら開いてないけどもうひとつ扉があったんです。
こっから出た方が早くね?ってことで扉押してロビーに出ようとしたらその目の前にあったトイレから。トイレからさっき舞台上にいたはずの萬斎さんが出てこられました(爆)まさにバッタリという感じ
固まるまつこ。喜ぶNさん。
でもまつこが萬斎様の道を塞いでいたらしく、どきなはれと前を歩いていたスタッフらしき男性に促され、慌てて道を譲りました。が、相変わらずチキンまつこは固まったまま←普段でかい口たたいて実は意気地なしまつこ
固まったまつこが邪魔なのかそれともまつこに危険なものをお感じになられたのか(当たってるけど)少し大回りに避けるように脇をすり抜けていかれた萬斎様でしたけどそれにしても。

楽屋のトイレいかずに客席のトイレ行くってどんだけ我慢してたんだろうと小一時間mobaq

まだ固まってるまつこの隣できゃっきゃ喜ぶNさんは「ハグしちゃえばよかったぁ~heart」とさらっと恐ろしいことをおっしゃる。

げに恐ろしきはパンピの行動なりbomb

凍結から解けたまつこは想像通り「なんであそこで何もしなかったんだぁあああ」と居酒屋でくだを巻いて帰ったらしい。

なんかこの瞬間色々吹っ飛んでしまって今もぽやっとしているまつこなのでした。




2017年4月 2日 (日)

まつことブンブブーン(4月2日宮本浩次さんゲストの回)

4月に入りました。早いもんでもう4月ですよ。世間では花見花見と浮かれ気味で我が家でも今日弁当もって成田のさくらの見える公園に車で向かいました。
けど桜咲いてないし(爆)
以前ここでも書いた成田空港滑走路脇の公園で桜と飛行機が一緒に見られるトコなんですけど、なぜか1分も咲いてない。多分成田空港って少し小高い山の上に作られているので都心よりやや桜の開花が遅いのかもしれません。
しかも寒かったしね。私は大好きな飛行機が見られただけで幸せですけどね☆彡

さて本日のブンブを見てたらのっけから違和感。っていうか先週と同じ衣装なんだけれども。
一人は「ダンスホールはここちゃうで?」的なビシッと正装(タキシードみたいな光ちゃん)もう一人はアンデス山脈から下りてきた現地の方(剛くん)horse
いくら2人それぞれの個性が違うとはいえあまりにビジュアル的にちぐはぐしているのでお口あんぐりしちゃいました。
いやぁ特に剛くんね。まつこはついコンドルは飛んでいくを口ずさんでしまいましたkaraoke名曲だわよね

そんなお二人が銀座で待ち合わせしていたのはエレカシの宮本浩次さん。
この方も年取らないですねぇ。だってなんでもエレカシ30周年なんだとかでせう?昔とちっとも変わってない気がします。
いやそれより3人並んでわかる、宮本さん光ちゃんより足が細いeyeっていうか細すぎ。折れそうなくらいに。小枝程度しかなさそうな細さで目が点、なまつこ。
光一さんより足が細いなんて他に爪楊枝しか思い浮かばないんですけど

そんな宮本さんは本日抹茶の世界を和装で体験したいとのことですが、光一さんのカーチャン、もといお母様のきよこさんはお茶のお免状おもちで先生できるっていうのは何かで聞いたことがある。それを聞いた時におもったのはやっぱり王子のご生母様ともなるとやはり良家のお嬢様がおできになることを身につけれおられるわけですねdiamondっていう。
やっぱりなんかどこか光ちゃんって良家のおぼっちゃまんだなぁって思うエピソード、ちょいちょい出てきますよね。本人あまりそういう自覚なさそうですけど、我々庶民からするとちょっと敷居の高そうな。
まつこからするとピアノがウチにあってちっさいころバレエやってる子は大体お金持ちdollarってイメージ、あんですけど。違う?

それにしても!和装ということでまたもや光一さんのお着物姿が見られるわけね!と思わずテンション上がるup
ま、茶道のお着物ってことで本日は控えめなお色、しかもあまり着乱れることのない袴姿ってことでさほどのアハーンheartなシーンは期待できないとは思うんですが←、それでも光一さんの和装ってやっぱり素敵shine居住いがいいというか、品が漂うというか、育ちの良さがにじみ出てる感じ、します。姿勢も普段はあまりよろしくない光一さんですがお着物を着ると背筋がぴしっとする感じが。前にも書きましたけど、着物に着られてる感じがまったくなくて、若い殿方にしては珍しいと思うんですけど。
それにしてもですよ、お着物に着替えた3人もなんだかバラバラで統一感がないというか、一人はどこかの家元みたいだし、もう一人は文豪みたいだし、もう一人は金田一耕助みたいだし八つ墓村だし。視覚的になんともバラっバラというsweat02

実際の茶道は裏千家の先生に教わることになったのですが、親バカ、いやタレントバカなまつこは何をしてもうちの子が一番とおもっちゃうんでねbell
礼をしても、お茶を回しても、お茶を点ててもうちの子が一番品があるわぁcrown
って思ってしまう。
抹茶を大盛りに盛ろうとも「ここで寝たいsleepy」とふざけたことを抜かしてもそこはかとなく溢れてしまう気品shineが。
今回は宮本さんが主賓で茶会ってことでしたけど、一度光ちゃんのお茶会見てみたい。
無心で茶を立てて静かに佇んでいる光ちゃんはそれだけでうつくしかろ。
やっぱり和装って最強。近頃ホントそう思う。

でもね、会社の人に言われたんです。
和装っていいよね、とか和装姿が好きheartって言ってる人ってエロスを極めた人ぽいよbellってゆう。

そうかもしれませんね。
ま、まつこはエロスというより変態ですけど☆彡

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »